new_releases 仕手株ブタレポート

個別銘柄詳細

8254 (株)さいか屋

さいか屋 に注目するのもいいですが、それよりもまず"コノ銘柄"をお試しください!
今後1~2週間で"騰がる"と目される 「銘柄コード:※※※※」 今だけ無料でお教えします。

株価
前日比 (---%)
541
東証2部・小売業
(株)さいか屋
チャート提供:株ドラゴン
前日終値 541
始値 540
高 値 541
安 値 540
出来高 3,300株
値幅制限 441~641

(株)さいか屋のyahoo textreamトピック(2週間以内)

No.77[投稿者:ひろし]
神奈川にカジノが出来る可能性が薄くなったと思うけど
カジノ関連と出遅れ銘柄で少し買い物が入って来ている
ようだな。
No.76[投稿者:wak*****]
底打ち確認
No.75[投稿者:kit*****]
小田急の藤沢店とさいか屋藤沢店って
同じくらいの売り上げなんだね

小田急1年間2-6階休業、駅の反対側だけど
高齢者向けの服売ってるところは限られるから多少は客が流れるかも
No.73[投稿者:こめちゃん]
さいか屋の17年3~11月期、最終損益8800万円の赤字 2018/1/10 16:01

 さいか屋が10日に発表した2017年3~11月期の連結決算は、最終損益が8800万円の赤字(前年同期は2900万円の赤字)となった。売上高は前年同期比6.1%減の146億円、経常損益は8600万円の赤字(前年同期は6200万円の赤字)、営業損益は500万円の赤字(前年同期は200万円の赤字)だった。

 同店ではリモデルに伴う一部テナント化により百貨店面積が減少し、売上高の総額は減少しているが、前年実績を上回る売場も数多く出てきているほか、賃料収入が収益の下支えとなっており、リモデルの効果が表れつつある。川崎店では、今期から外商担当者を増員し、外商営業力を強化することにより、着実に顧客売上高が増加している。

 今期の年間配当は、併合を考慮した実質ベースで、前期と同額の無配の予想。

 2018年2月期は純利益が4000万円、売上高が前期比2.4%減の205億円、経常利益が3500万円、営業利益が1億5000万円の見通し。
No.72[投稿者:kit*****]
さいか屋藤沢店のライバル百貨店が改装


売上高100億円減、小田急藤沢店を大規模改装
2018年01月10日 14時57分

 小田急電鉄(本社・東京都新宿区)と小田急百貨店(同)は、神奈川県藤沢市南藤沢の小田急百貨店藤沢店の一部を6月から大規模改装すると発表した。

 店名も変更する予定といい、2019年春の開業を目指す。

 改装は2~6階の売り場を中心に行われる。高齢化が進む顧客層の変化に対応するのが目的で、新百合ヶ丘エルミロード(川崎市麻生区)など県内4か所の大型商業施設を運営する小田急グループのノウハウを活用。主に40~50歳代の顧客をターゲットにした売り場を展開する。

 地下1階の食料品売り場や1階の化粧品・雑貨売り場、屋上のフットサル場などは、改装工事期間中も営業を続ける。

 小田急百貨店藤沢店は1985年に江ノ電百貨店を改装して開業。最盛期の91年度には約230億円の売上高があったが、テラスモール湘南(藤沢市辻堂神台)やららぽーと湘南平塚(平塚市天沼)などの大型ショッピングモールの台頭を受け、16年度の売上高は約130億円に落ち込んでいたという。

 小田急電鉄リテール戦略部の菅誠一郎課長は「地域の方が毎日気軽に通え、街ににぎわいをもたらせる店舗にしたい」としている。

2018年01月10日 14時57分
No.71[投稿者:kit*****]
明日、決算発表

(株)さいか屋の適時開示情報

日時 内容
固定資産譲渡後の事業運営に関する契約のお知らせ
平成27年2月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
固定資産の譲渡および特別利益の計上に関するお知らせ
業績予想(連結・個別)の修正に関するお知らせ
平成27年2月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
主要株主である筆頭株主の異動に関するお知らせ
平成26年2月期 決算短信〔日本基準〕(連結)
さいか屋川崎店の営業終了について
中期経営計画の数値目標修正に関するお知らせ
主要株主の異動に関するお知らせ
和解による訴訟の解決に関するお知らせ