new_releases 仕手株ブタレポート

個別銘柄詳細

6902 (株)デンソー

デンソー に注目するのもいいですが、それよりもまず"コノ銘柄"をお試しください!
今後1~2週間で"騰がる"と目される 「銘柄コード:※※※※」 今だけ無料でお教えします。

株価
前日比 (-0.84%)
5,295
東証1部,名証1部・輸送用機器
(株)デンソー
チャート提供:株ドラゴン
前日終値 5,340
始値 5,345
高 値 5,365
安 値 5,270
出来高 1,531,700株
値幅制限 4340~6340

(株)デンソーのyahoo textreamトピック(2週間以内)

No.478[投稿者:kkr*****]
米中交渉の行方
何方も日本には半端ない
設備投資的なにはChinaか
No.477[投稿者:mit*****]
がんばれデンソー
No.476[投稿者:yon*****]
いつもこうだ・・このくらいの値段で買い増し考えたら上がって思いとどまる・・・。
つまり自分が買い増しを考えたらから月曜は上がる(ジンクス的に)
No.475[投稿者:hcf*****]
2022年の次世代自動車産業
覇権を握るのはどこだ?
異業種戦争の攻防と日本の活路
立教大学ビジネススクール教授田中道昭PHPビジネス新書   ¥1,242.-
一読されたらデンソーがいかに2022年の次世代自動車産業の中核企業てあることが見えてきます。
本書では異業種戦争における「戦いの構図」を 簡単に三つに絞って詳しく記述されています。
一つ目は,「テクノロジー企業vs既存自動車会社」との戦いです。
二つ目は「日本,米国,独中国」の国の威信を賭けた戦いです。
三つ目は,全ての産業の秩序と領域を定義し直す戦いということです。 まずは「車× IT× 電気・電子」が融合しつつある巨大な産業です。

デンソーは長期的展望に立った投資になります。投資の原則である、安い時に買って、高くなって売却する。現在デンソーは先行投資に力を入れている時期で投資家はじっくり見守り、安くなれば下値で買い増しをする。2022年の次世代自動車産業の覇権を握るのを見届けたいと思います。頑張れデンソー。
No.474[投稿者:わっしょい]
デンソーもいい感じになってきたかな
増し玉が報われそう
No.473[投稿者:りそな]
8/17 JPMorgan Neutral継続 目標株価 6,000円 → 5,900円
No.472[投稿者:北の借り上げクン]
トヨタが中国で生産拡大すると言う事は、中国による日本及び世界侵略にトヨタが加担すると言う事。
もう拡販の時代ではない。地球規模で懸念される温暖化を代表とする自然問題の車両品質に特化すべき!!
No.471[投稿者:naup]
今日の地合でこれは、重症なのか?
No.470[投稿者:naup]
中期的にグッド!
やはり、DENSOは長期銘柄♪
No.469[投稿者:上昇気流]
[北京 16日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>が中期戦略の一環として中国・天津で年間生産能力の12万台引き上げを計画していることが、事情に詳しい関係筋4人の話で明らかになった。

トヨタは第一汽車集団[SASACJ.UL]との合弁会社を通じて天津で生産を行っている。拡張の規模は現在の年間生産能力51万台の約4分の1に当たる。別の合弁会社も合わせた中国全体での年間生産能力は現在116万台だ。

関係筋は、天津の拡張計画が中国での年間販売台数を200万台に拡大するための土台になると話した。

また、同拡張計画は中国国内での大幅な生産拡大にトヨタが前向きであり、組み立て工場を1、2カ所新設する可能性があることを示しているという。

関係筋によると、トヨタは中国で車両輸入を拡大する可能性があるほか、販売網を大幅に拡大し、電気自動車(EV)技術に一段と注力することも目指しているという。

トヨタは昨年、中国で129万台を販売。今年は140万台に達するとみられているが、関係筋は「生産能力の制約」により一段と大幅な伸びが抑制されていると述べた。

恩恵あるぞ!頑張れデンソー!
No.468[投稿者:naup]
ダウが、またボックス下向き。
明日は、株価見たくないねぇ~

はよ、寒い時期にならんかねぇ
No.467[投稿者:mkt*****]
休むも相場。上海のテンセントも下げている。形勢観望。お盆休み。
No.465[投稿者:わっしょい]
ここの本格的な下げはこれから
No.464[投稿者:わっしょい]
SUMCOの下げすげーなー
自動車、機械、半導体は全滅
No.463[投稿者:りそな]
8/14 岡三証券 中立継続 目標株価 5,900円 → 5,650円
No.462[投稿者:naup]
とっくに知ってますよ?だから安いw
No.461[投稿者:まんまんトレーダー]
そんなアホでも分かる影響を今更得意げに言われてもやで。
影響が出る前に言ってなんぼやろ
No.460[投稿者:わっしょい]
これからですよ
まだ序の口
No.459[投稿者:まんまんトレーダー]
まだ来てなかったんかーい。
No.458[投稿者:わっしょい]
ここにも貿易戦争の影響がやってきますよ
No.457[投稿者:yus*****]
御意。併せ、
No.456[投稿者:jxs*****]
世界一の自動車税部品メ-カ-は、中国資本のてに落ちていること最近知った。世界第二位のここには頑張ってほしい。
No.455[投稿者:naup]
1万狙ってる~
そのために、買ってるからね。

良いときに、毎日のようにドカドカ上がるの知ってるから。

その分、本当よく下がるわー

長期で全く気にしてない、それがあるから安心してもってられる。

来期は、今年よか楽だと思いますしね。
No.454[投稿者:naup]
ヤバいなー
嫌な予感したんだわ~

んま、そのうち上がってくれ。
今は、部が悪い。。
No.453[投稿者:fusaidarake]
今日は駄目そうだね ショボーン(´・ω・`)
No.452[投稿者:tra*****]
10月まで下げて行くやろうなぁ。
No.451[投稿者:明鏡止水]
トヨタともども厳しい感じがします。
No.450[投稿者:わっしょい]
トルコショックが貿易戦争と共振、来週は5400円の抵抗線を割り込みカモがヘッジファンドの生贄になります。
No.449[投稿者:hcf*****]
【事例】デンソーにおける新しいIT部門再構築への挑戦
■□デンソーの“攻めのIT”への取り組み
◎“攻めのIT”への変革、とは何か
◎クラウドのオープンソースとアジャイル開発への取り組み
◎デザイン思考を新しいサービス開発に活かす

自動車産業では、自動運転&Maas・デジタルツインなど新しいテクノロジーが一気に
登場し、時代は大きく変化している。
生物がカンブリア紀に爆発的に増加したのと
同様に、「ITのカンブリア大爆発」が起こっている。
今やビジネスもITなしでは成り立たなくなった。
今後、さらに私たちの想像以上に激しい変化が訪れることも予想される中、企業の
IT部門はいかにあるべきなのか。
デンソーでは、未来のモビリティー社会のビジネスを見据え、コトづくりの体制構築
に取り組んでいる。「社内にシリコンバレーをつくる」という目標を掲げ、IT部門を
再編し、開発の仕方を変革した取り組みと成果について紹介する。

▼続きはこちら▼
 https://re.itmedia.jp/m283pGnJ

デンソーの挑戦が未来を開く事になるでしよう。
No.448[投稿者:プーさん]
日本ライフライン・ニプロも、宜しくお願い致します。(⌒0⌒)/~~\(^^)/
No.447[投稿者:naup]
おっ!上がった♪
もっと行け~

ボックスで、儲けたるーw
No.446[投稿者:naup]
あ~
こーなる気がしたんだよなぁ

下がって、上がって…

そのうちかも、トランプめ。
No.445[投稿者:aci*****]
なんか知らんが、東大の何とかという奴が、なぜかアンチデンソーで、
ディーゼルでも学会関係・周辺の会合で、さかんにデンソーにケチ付けてたなあ。
補助金を拒否されたとか、なんかあるのかなあ。
イノベーションに関しては、日本の大学、学会はほとんど貢献してないね。
そもそも、大学にそれを求めるのは無理、バカなのかもしれませんね。
No.444[投稿者:naup]
すこし、弱いなぁ
うーむ
No.443[投稿者:jxs*****]
ここは、長期投資銘柄か?しかし、1単位50万以上が拘束されるのは、零細凍死かとして、資金効率が悪い。今二単位で100万超、此は痛い。さらに、ポ-トフォリオの比重の中心を投資信託に移してるので、どうするか?少し前7000円台にいってたけど、あのときは確かに業績予想も良かったし。この先2020年次までは今一大きな伸びが、予想されないみたいだし、、
No.441[投稿者:大金龍]
大金運銘柄 メディアシーク
No.440[投稿者:hcf*****]
デンソーの企業価値を投資家の皆さんはどう評価されていますか。
ALBERT(3906)の本日の高値8580と比べておかしいと思いませんか?

自動車業界では「電動化」「自動化」「コネクティッド」といった技術の進化が加速しており、様々な自動車部品の電子制御化が進む中、電子部品事業の重要度は今後もますます高まっていくものと見ています。

デンソーは、電子部品事業で鍵となる車載用半導体の自社開発・量産を長きにわたり行うとともに、各種電子部品を世界各地で開発・生産を行っております。この分野で専門性の高いデンソーに集約することで、スピーディかつ競争力のある開発・生産体制を構築します。また、グループ内の重複業務を解消することにより発生したリソーセスをこれからのモビリティの価値向上に向けた新たな領域にシフトする等、リソーセスの最大活用を図りグループ全体の競争力を向上していきます。

具体的な合意内容
電子部品生産事業の移管について
2019年末をめどに、トヨタの広瀬工場における電子部品の生産をデンソーへ移管する方向で協議していきます。デンソーは、電子部品の生産供給体制を戦略的に再整備することにより、電子部品市場のグローバル競争での勝ち残りを図ると共に量産メリットを活かして、より高品質かつ廉価な電子部品をトヨタに供給します。
電子部品の量産開発機能の集約について
2022年以降、電子部品の量産開発機能をデンソーへ集約します。両社で分散している開発ロケーションの一本化を検討する等、開発から生産まで一体となった新組織体制をグループで構築し、開発スピードを加速していきます。
詳細については、今後両社で協議していきます。

トヨタとデンソーは、グループの連携を一層強化することにより、トヨタグループ全体での競争力を向上させる取り組みを加速してまいります。

デンソーの自動運転関連事業の歴史
自動運転技術につながるデンソーの開発の歴史は古い。

1996年にはまず、横軸のビームスキャンを可能にした1次元LiDAR(レーザレーダ)を商用車向けに商品化。1997年には世界で初めて縦・横の2次元のビームスキャンを実現したLIDARを開発し、乗用車向けに商品化した。2012年には小型化により開発コストを抑えた1次元LIDARの新モデルを発表し、ダイハツの衝突回避支援システム「スマートアシスト」に採用された。

2003年、車載レーダでは世界初となる電子スキャン方式のミリ波レーダを開発し、商品化を実現。2015年には、トヨタの予防安全パッケージ 「Toyota Safety Sense P」にデンソーのミリ波レーダや画像センサが採用された。1996年における1次元LiDARの商品化前の技術開発から数えると、自動運転技術につながるデンソーの開発の歴史は四半世紀近くに上ることになる。

【参考】光を使ったセンシング技術で車両の周辺環境を認識するLiDAR。LiDARの詳しい説明は「自動運転の「目」は800万円!?次世代センサーLiDARの最前線を追う|自動運転ラボ 」も参照。自動運転車のコアセンサーについては「自動運転の最重要コアセンサーまとめ LiDAR、ミリ波レーダ、カメラ|自動運転ラボ 」も参照。
No.439[投稿者:haitoumachi]
週末までかかるかもね。
No.438[投稿者:kkr*****]
5400円まで落として欲しいなぁ
No.437[投稿者:晴れ]
5700円いってほしいなー(>人<)

(株)デンソーの適時開示情報

日時 内容
平成27年3月期 決算短信〔IFRS〕(連結)
代表取締役の異動に関するお知らせ
平成27年3月期第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
業績予想の修正に関するお知らせ
国際会計基準(IFRS)の任意適用に関するお知らせ
平成27年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
定款の一部変更に関するお知らせ
平成26年3月期決算短信〔日本基準〕(連結)
剰余金の配当に関するお知らせ
代表取締役の異動に関するお知らせ
支配株主等に関する事項について
平成26年3月期第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
業績予想の修正に関するお知らせ