new_releases 仕手株ブタレポート

個別銘柄詳細

6619 ダブル・スコープ(株)

ダブル・スコープ に注目するのもいいですが、それよりもまず"コノ銘柄"をお試しください!
今後1~2週間で"騰がる"と目される 「銘柄コード:※※※※」 今だけ無料でお教えします。

株価
前日比 (+3.34%)
1,021
東証1部・電気機器
ダブル・スコープ(株)
チャート提供:株ドラゴン
前日終値 988
始値 992
高 値 1,029
安 値 990
出来高 704,900株
値幅制限 838~1138

最近【ダブル・スコープ(株)】を紹介したブログ

日付 ブログ 記事 詳細データ
仕手株率 ボロ株率 上昇率
17:00 毎日デイトレ10銘柄公開!!明日の注目株価上昇予想リスト 2018/09/25 デイトレ注目銘柄 追記 0.00% 0.00% +6.31%
09/16 悪魔の仕手株!?注目銘柄リスト 明日騰がる銘柄予想(09/18) 追記 0.00% 0.00% +7.71%

ダブル・スコープ(株)のyahoo textreamトピック(2週間以内)

No.759[投稿者:bor*****]
個人的には、数年経ったら、豊田が言うように全固体電池の競争力が上回るようになって、車を動かす電池としてはセパレーターが要らなくなるように思うのですが、根拠はありません。
強いて言うなら、いとこの弁理士がトヨタの全固体電池は凄いと言ってたことだけですね。

セパレーターを諦めて違う商品に力を入れるとかはどうなんでしょうか
No.758[投稿者:Poly]
しつこいか? そう思わないをクリック5票で全部消しますー!
No.756[投稿者:Poly]
一つの業界を見続けるのは中々楽しいもんです。
No.755[投稿者:Poly]
ふうー!また久しぶりに、書き込んじまったー。 明日の昼までには消しますねー。
No.754[投稿者:Poly]
ここに食い込んでるってか、飯の種にしてる連中の酷い株価の操りぶり。 人を食い物にする悪意でいっぱいの値動きです、いつも?時々、会社もグルかー?と思うことがありましたが、、もう今更、バカ高値で増資ってのも諦めてましょうし?それはないかなー。
No.753[投稿者:Poly]
さらに難しいのが(^^)
No.751[投稿者:Poly]
ここから先を、俺はこう読むって人のご意見を楽しみにします。
No.750[投稿者:Poly]
だからダブスコの明日を読むのは難しい時期なんです。
No.749[投稿者:Poly]
今んとこ中国勢でちゃんとした車用電池を作れるのはCATL とか2、3社で、ダブスコさんはそこに噛んでる様子がないんで、中国では、落ち目になりそうなのが、弱みかなとも見える
No.748[投稿者:Poly]
欧州の大手OEM向けに両社の電池工場は作られてるんだけど、OEMは何の勝算あってか自分で電池作るみたいなことも言ってるから、そこにも隙間があるかも。
No.747[投稿者:Poly]
でだ! ダブスコさんは欧州の車向けを狙ってると言う。 全然、遅いけど、そう言う。 サムスンもLGも欧州に電池工場作ってます。 そこは、東レと旭化成が押さえてるけど、あいつらだけではてセパレーターが足りんような感じもたしかにあるんですよね
No.746[投稿者:Poly]
ところがLGか米国向けとかでやってた車向けに東レを出し抜いて入れる訳でなし、テスラだのサムスンだのは旭化成が、抑えてて入れない。 中国の有象無象は、電池も三元系の電極よ、となると弾き飛ばされる始末で、売り先が、ショボーン、が、今日ですよね
No.745[投稿者:Poly]
で、LG向けの携帯用電池セパレーターと中国の有象無象電池屋さん向けセパレーターでグインと、伸びた。 チャレンジャー、ダブスコの黄金期。 ふざけた株価まで吊り上げて増資して、車向けセパレーター用の設備の投資をしましたね
No.744[投稿者:kwh*****]
おいらは二次電池の銘柄群8銘柄に1億以上の金つぎ込んだ。
何か今年の秋はこのセクターが燃え上がると思うがなぁ~
当たれば年末ジャンボだ
No.743[投稿者:Poly]
なんだかんだで、ダブスコさん、LGの設備も買って四番手につけたなってのが3年前くらいの話
No.742[投稿者:Poly]
そのあたりでLGとセルガードが車用の電池のセパレーターには必須になる、多分、塗工の特許で大げんかしてたような
No.741[投稿者:Poly]
んで、LGだの、サムスンだの電池屋さんがセパレーターの事業も、追っかけてましたが、サムスンはどーなったかしら。 で、LGは設備を東レと、ダブスコに売って、セパレーターからは引きましたね。 その
No.740[投稿者:kwh*****]
明日になれば全てわかる
朝から成り買いの嵐。
No.733[投稿者:kwh*****]
おいらから見れば田中化学やダブル・スコープは構造が良く似ている。
田中の場合正極材の競争力がなくなれば会社の価値は全くなくなるし、ダブルスコープはセパーレータの競争力がなくなれば存在価値は同じく全くない。
その点、旭化成や住友化学その他の大手は、セパレーターが売れなくても会社が傾くことはない。だから専業メーカーは意気込み危機感は全く次元が違うしかなり自信がなければ事業を拡大しない。
素人が考えるより競争力が有るのでは?何かの理由で一時的に業績を落としているのでは?
来年から中国の規制の関係で二次電池が爆売れするので業績が必ず急回復するはずだ。

暫らくストロング倍
No.732[投稿者:ito*****]
> 根拠を述べないとただのテキトーに株買う人だよ。
>
> 掲示板なんだから、ダブルスコープが東レ、旭化成、宇部興産、帝人と比較してこういう技術を持ってるからゆくゆくはシェアを奪うとか、具体的に書かないと、読者はただの馬鹿だと思うのでは?

べつに馬鹿だと思われてもかまわないよw

そもそも、そんな大事なネタをもっているとしても、

ポンコツあおりの短期トレーダーに晒すわけないじゃん。
No.731[投稿者:投資丞相]
根拠を述べないとただのテキトーに株買う人だよ。

掲示板なんだから、ダブルスコープが東レ、旭化成、宇部興産、帝人と比較してこういう技術を持ってるからゆくゆくはシェアを奪うとか、具体的に書かないと、読者はただの馬鹿だと思うのでは?
No.730[投稿者:ito*****]
> この状況でセパレーター専業のダブルスコープの業績が黒字転換すると思う?

おいらは思うよ。

根拠はメンドクサイから出さないけど、思う。
No.729[投稿者:投資丞相]
結論として

ダブルスコープが東レ、旭化成、宇部興産、帝人と比較して特別な技術があるとは考えにくい。

あれば既にそこそこのシェアがあるはずだが、そうではなさそう。

既に、セパレーター“戦国時代”で
東レ、旭化成、宇部興産、帝人等が大型設備投資をしており
短期決戦、素材各社の優勝劣敗が決まる

競争が激化して
ダブルスコープは上半期の営業利益は8.8億円の赤字、通期営業損益予想は従来の7億円の黒字から24億円の赤字に大幅下方修正、最近は計画倒れに終わって下方修正を繰り返している。

勿論、競合相手は東レ、旭化成、宇部興産、帝人だけではなく日欧米にも有力な会社はあるだろうし、セパレーターはそれほど技術力を必要としない製品なので、これからは中国勢とも競合しそう。

需要も米中貿易戦争で中国自体の市況が悪化することが懸念される。

この状況でセパレーター専業のダブルスコープの業績が黒字転換すると思う?
No.728[投稿者:Poly]
しばらく、レベル低ーい板になってたんで、げんなりしてたとこでした。
No.727[投稿者:Poly]
白熱教室になってきましたね(^^) つまらん煽りより、10倍いいなー! 多少行き違いあって揉めてるように見えても、きちっと論拠を示そうとする会話は正々堂々でスカッとします。
No.726[投稿者:投資軍神]
まあ、タカタはエアバッグだけど破綻したからね。
江守は中国で騙されて破綻。

液晶関連とか業績悪化で実質的に破綻した会社もあるからね。
No.725[投稿者:ito*****]
> それって、たた揚げ足をとってるだけだろ。

まあ、そういうことになっちゃったねw

> 空売りの踏みあげ目的の買いで多少反発しても、セパレーター専業なのにこの状況だと赤字が拡大する一方になることが懸念されるから、いずれタカタや江守商事のようになるのでは?

EV需要を当て込んで、めっさ設備投資してるわけだから、
もし、その需要がこけちゃったら、ヤバいだろうね。
というか、今がその真っ最中。
赤字が拡大する心配より、リスケなのか否かってことでしょうな。

タカタは全く違うケース。
江守商事って、ずいぶんとマイナーなの出すな。
売り煽るなら、ハッタリだけじゃなくて、財務内容とかここの計画の杜撰さとか晒してくれよ。
No.724[投稿者:投資軍神]
それって、たた揚げ足をとってるだけだろ。

空売りの踏みあげ目的の買いで多少反発しても、セパレーター専業なのにこの状況だと赤字が拡大する一方になることが懸念されるから、いずれタカタや江守商事のようになるのでは?
No.722[投稿者:ito*****]
> >現状では、これは大きな間違いだと思うけど?
>
> じゃあ、ダブルスコープが東レ、旭化成、宇部興産、帝人と比較して特別な技術があるか具体的にあげてみなよ。

貴方は「セパレータのように特別な技術を必要としない部品ならば中国の会社が製造するでしょう。」と書いたので、中国の会社が簡単に作れるようなものとして認識してるのかな?と思っただけですよ。

ダブルスコープが東レ、旭化成、宇部興産、帝人と比較して特別な技術があるかないかという文章だったら、別に突っ込んだりはしてないよ。
No.721[投稿者:投資丞相]
>現状では、これは大きな間違いだと思うけど?

じゃあ、ダブルスコープが東レ、旭化成、宇部興産、帝人と比較して特別な技術があるか具体的にあげてみなよ。

あれば既にシェアが高いはずだろ?

既に、セパレーター“戦国時代”で
東レ、旭化成、宇部興産、帝人等が大型設備投資をしており
短期決戦、素材各社の優勝劣敗が決まる

WSCOPEは上半期の営業利益は8.8億円の赤字、通期営業損益予想は従来の7億円の黒字から24億円の赤字に大幅下方修正しているんだよ。

勿論、競合相手は東レ、旭化成、宇部興産、帝人だけではないだろ?

この状況でセパレーター専業のダブルスコープの業績が黒字転換すると思う?
No.720[投稿者:ito*****]
> また、セパレータのように特別な技術を必要としない部品ならば中国の会社が製造するでしょう。

「セパレータのように特別な技術を必要としない部品」という認識

現状では、これは大きな間違いだと思うけど?
No.719[投稿者:投資丞相]
東レが大幅増産するセパレーター「セティーラ」の画像です。

東レ、旭化成、宇部興産、帝人等が大幅増産体制を築いた事がダブル・スコープの赤字転落の原因だと考えられます。
No.718[投稿者:投資丞相]
2018年08月10日14時24分
WSCOPE---ストップ安売り気配、通期業績予想を大幅下方修正で赤字転落へ

WSCOPEはストップ安売り気配。前日に上半期の決算を発表、営業利益は8.8億円の赤字(前年同期は3.6億円の黒字)となった。従来想定の収支均衡水準を下回る着地に。また、通期営業損益予想は従来の7億円の黒字から24億円の赤字に大幅下方修正している。中国政府の助成金政策が変更されてリン酸鉄系電池の需要が急激に低下、三元系電池への需要シフトなど、再編成期入りに伴うコスト負担が高まっているもようだ。

ダブル・スコープはリチウムイオン電池セパレーターの専業メーカー。
韓国で生産。中国を中心に販売しています。

みなさんもご承知の通り現在中国とアメリカは貿易戦争となり、中国がアメリカへの輸出激減となれば中国の景気は悪化するでしょう。

当然中国で車が売れなくなるでしょう。

日本から中国に進出した企業も今まで痛い目にあった企業が多いですよね。

また、セパレータのように特別な技術を必要としない部品ならば中国の会社が製造するでしょう。

セパレーター“戦国時代”大型投資相次ぐ
短期決戦、素材各社の優勝劣敗が決まる

《東レ》1300億円で拠点増強

 「セパレーター事業に1200億―1300億円を投資する。もちろん、世界シェア1位を目指したい」。セパレーター生産量世界2位の東レで同事業を統括する井上治常務取締役は7月下旬の会見でこう述べた。

《旭化成》生産能力2.5倍

 セパレーター世界首位の旭化成では、足元の国内工場が増産に次ぐ増産で息つく暇もないほどだ。20年までに生産能力を最大で現状比2・5倍の15億平方メートルに増強する方向で検討している。

 セパレーターに限らず車載用電池部材全般の設備投資にとって何より重要なのはタイミングとスピード。

《宇部興産》新製法でコスト競争力

 宇部興産は乾式セパレーターを手がけ、トヨタ自動車のハイブリッド車(HV)「プリウス」などに採用実績がある。堺工場(堺市)で今春稼働した新設備は、優れたコスト競争力が自慢だ。新製法を導入してコスト競争力に磨きをかけた。

《帝人》車載電池、共同開発へ

帝人はポリエチレン(PE)基材にフッ素樹脂を塗工したセパレーターを生産
市場競争の激化に拍車をかけそうだ。
No.715[投稿者:投資丞相]
過大な計画をして下方修正を繰り返す会社だと思います。

02/02  WSCOPE、前期経常を一転赤字に下方修正

02/13  WSCOPE、今期経常は黒字浮上へ

05/10  WSCOPE、1-3月期(1Q)経常は赤字転落で着地

08/09  WSCOPE、今期経常を一転赤字に下方修正
No.714[投稿者:投資丞相]
>勿論車載用に今までも出荷しているのですが、まだまだ本格的には行っていないので表現しました。
>業界自体は今から爆発的に売り上げが増えるようですが、ダブル・スコープの場合、取引先の開拓等がま>だまだ進んでないで現在進行形なようです。そして大手取引先が決まり次第漸次発表に成っていくのでは>ないでしょうか?

ダブル・スコープのセパレーターが同業他社と比較して優れているのであれば、既に大手にも採用されているでしょう。

ダブル・スコープ リチウムイオン電池向け部材 中国のEV需要追い風
2017/11/21 2:00
日本経済新聞 電子版

2018年08月09日15時00分
WSCOPE、今期経常を一転赤字に下方修正
 ダブル・スコープ が8月9日大引け後に決算を発表。18年12月期第2四半期累計の連結経常損益は6.3億円の赤字(前年同期は1.6億円の黒字)に転落し、従来の0.5億円の赤字予想からも赤字幅を拡大して着地。


需要は1年前からありました。

しかし、ダブル・スコープのセパレーターが同業他社と比較して特別優位性があるわけでもないので売れないだけだと思いますよ。
No.713[投稿者:ito*****]
> 業績のブレが数字に大きく出るのはセパレータ専業だから当然起こりうること。

たまには、まともな事いうのね!WWW
No.710[投稿者:kwh*****]
業績のブレが数字に大きく出るのはセパレータ専業だから当然起こりうること。
今期は赤字と会社は発表したが、期の途中から風向きが急変しとんでもない利益を計上する可能性が無いとは言えん。

まあ、当分ストロング倍だ!!
No.709[投稿者:kwh*****]
表現に不備が有ったことをお詫びします。

勿論車載用に今までも出荷しているのですが、まだまだ本格的には行っていないので表現しました。
業界自体は今から爆発的に売り上げが増えるようですが、ダブル・スコープの場合、取引先の開拓等がまだまだ進んでないで現在進行形なようです。そして大手取引先が決まり次第漸次発表に成っていくのではないでしょうか?

◎近く発表が有るのではないかと言うことが最近のSBIのレポートに有りました。
No.708[投稿者:投資丞相]
えっ、ここって車載用には採用されていないの?
No.707[投稿者:わわわ]
全固体はインパクトあるけど、さすがに現状は過剰反応のような気がする。

つい最近も、宇部がマクセルと新会社を作ってセパレータ生産強化表明しているし。

今のレベルであれば、買い増し、もしくは信用での短期勝負もありかな。
No.706[投稿者:kwh*****]
兎に角今の時点で二次電池の銘柄群に投資している人は
ダブルスコールを含め勝ち組になる確率が非常に高い。

何故? 中国の規制が始まるのは後数ヵ月後に迫りました。日本を含め中国市場で車を販売するメーカーは来年は1割以上EVを販売する必要が有ります。若し1割のEVを販売できなかった場合、課徴金をとられることが決定しています。
その関係で、スズキ自動車は中国市場から完全撤退を決めています。日本の他のメーカーも淘汰されるかも知れません。
もう直ぐ電池の生産が間に合わない・・・・、部品が足らない・・・・と自動車業界から悲鳴が出てくるのではないでしょうか?
その場面になっても、ダブル・スコープに注文が来なければ父さんしか有りません。(その確立は非常に低い)

多分、業界は風雲急を告げていますので結果は直ぐにわかります。
明日かも来週かも・・・・・・・・・。楽しみです。
No.705[投稿者:Taro]
 あぁ~、ショートカバーの第2派だな。
ファンダメンタルズに目をつぶって、流れに乗るか。
No.704[投稿者:ito*****]
> 2016/03/04の記事では、ダブル・スコープ米国、韓国、中国向けの販売が好調で業績急拡大、生産能力増強を前倒し推進と記載されていますので、現在は販売が不調、もしくは価格競争により利益が上がらない体質に変わっている事が想定できます。

利益が上らないのは計画していた売上が未達なだけで、
それによって、時間軸がずれてしまっているだけと思われます。
価格競争は、電池メーカーの事情でセパレータへの価格転嫁は、
売り手市場においては、起こり難いと思われます。

> ダブル・スコープはリチウムイオン電池セパレーター専業メーカーですが、中期的に考えれば全固体燃料電池に切り替わればダブル・スコープの市場はなくなってしまいますよね。

それは、超長期の視点ですね。
すくなくても25年あたりまではLiBでの競争力がEV覇権の鍵を握ります。
また、市場からLiBがなくなって、全個体に切り替わりというようなパフォーマンスを得られるまでは、
すくなくとも10年はかかると思っています。
No.703[投稿者:kwh*****]
みんかぶ

●大陽線をつけて急騰。89.0円高の1039.0円で引けました。出来高急増。上昇の動意。
●2018/09/05のはらみの上値、影足の985.0円以上で引けたので、はらみ上放れとなりました。
◆昨日の先読み罫線の読みはブルーでしたが、反対となりましたので増田足はピンクが続くと思われます。連続ピンクの足で引き続き上昇。
●25日足が連続ブルーとなりそうです。要注意。
●ローソク足では本日5日平均線をゴールデンクロスしました。また、25日平均線をゴールデンクロスしました。
■上値に迫っています。上値を上抜けるようなら、上値試しの可能性。
●信用取り組み妙味が出てきました。
No.702[投稿者:kwh*****]
それはそうでしょうが、車載用に採用されればセパレーターの需要は今から5年位の間に10倍以上に急増する可能性が大です。
そして、全個体電池が一般的になった10年ぐらい先になるとご指摘のようになるでしょう。
それだけハイテクの世界は変化が速いし、頭の切り替えも早くしないとついていけません。
とりあえず、来週から2000円目指して急伸するはずです。
そして、何処かのメーカーが車載用に大量採用するとかニュースが有ればなれば何日も寄らない可能性が有ります。
SBIのサイトに【車載用に採用されるのを待っている】と書いているので何時発表が有るか判りません。
多分、業界は来年から始まる中国の規制の関係で大忙しになると思われますので物凄く早いかもしれません。
発表は来週かもしれませんよ。
No.701[投稿者:adn*****]
¥2000目標
No.700[投稿者:投資丞相]
ダブル・スコープ
概要
リチウムイオン電池セパレーターの専業メーカー。韓国で生産。中国を中心に世界で販売。

ここのチャートを日足、週足でみれば上がるか下がるか微妙ですけど、月足で見て下さい。

2016年5月に高値を付けた時は、それなりに業績も良かったです。

しかし、その後業績は下降の一途をたどっています。
       一株利益
2015年   129円
2016年   65.3円
2017年   マイナス3.9円
2018年予想 マイナス67.1円

2016/03/04の記事では、ダブル・スコープ米国、韓国、中国向けの販売が好調で業績急拡大、生産能力増強を前倒し推進

と記載されていますので、現在は販売が不調、もしくは価格競争により利益が上がらない体質に変わっている事が想定できます。

ダブル・スコープはリチウムイオン電池セパレーター専業メーカーですが、中期的に考えれば全固体燃料電池に切り替わればダブル・スコープの市場はなくなってしまいますよね。
No.699[投稿者:投資丞相]
まあ、ここは仕手で買われているだけで、連続赤字予想、赤字幅拡大企業でしょ。
セパレータの工場が完成した頃には市場は全固体燃料電池になって、セパレータはもう不要になるかも?
そもそも電機自動車は充電に時間がかかるからね。

2018年08月10日14時24分
WSCOPE---ストップ安売り気配、通期業績予想を大幅下方修正で赤字転落へ

WSCOPE<6619>はストップ安売り気配。前日に上半期の決算を発表、営業利益は8.8億円の赤字(前年同期は3.6億円の黒字)となった。従来想定の収支均衡水準を下回る着地に。また、通期営業損益予想は従来の7億円の黒字から24億円の赤字に大幅下方修正している。中国政府の助成金政策が変更されてリン酸鉄系電池の需要が急激に低下、三元系電池への需要シフトなど、再編成期入りに伴うコスト負担が高まっているもようだ。
No.698[投稿者:kwh*****]
やはり
9月7日に発表日証金残高
買い残 -223,100株
売り残  ∔14,900株
------------------------------------------
差し引き  ―238,000株

ますます取り組みが改善
自分の目で確かめよ。

いよいよ近く逆日歩発生が間違いなさそう!!
値動きも羽が生えた状態になりそう。

いいいよ「だぶる・すこーぷ」 の夏まつりが始まるど!!

◎おいらも信用の売りはするが、こんな小型株は恐ろしくて出来ない。場合によれば4連荘以上だって可能性が有るから。

思い出すなぁ~
買いは家まで
売りは命まで
No.697[投稿者:kwh*****]
SBI のチャートの形状は

下げどまった?(31日)

これから上昇?(3日)

これから上昇?(4日)

これから上昇?(5日)

リバウンド?(6日)

上昇基調? (7日)

評価が又に変わりました。明日、明後日は、しつかり→急上昇 に変化するものと予想されます。

これは嘘のはめ込みではなくて、真実であるから自分の目で確かめよ!!

ダブル・スコープ(株)の適時開示情報

日時 内容
新規工場用地の賃貸借契約締結について
工場用地取得に係る覚書締結のお知らせ
A123社向けセパレータの製品供給契約延長について
(訂正・数値データ訂正)「平成26年12月期決算短信[日本基準](連結)」一部訂正について
特別損失(固定資産除却損)の計上に関するお知らせ
業績予想の修正に関するお知らせ
シンジケーション方式によるタームローン契約並びにコミットメントライン設定に関するお知らせ
当社業績に関する新聞報道について
業績予想の修正に関するお知らせ
営業外収益(為替差益)の計上に関するお知らせ