new_releases 仕手株ブタレポート

個別銘柄詳細

6391 (株)加地テック

加地テック に注目するのもいいですが、それよりもまず"コノ銘柄"をお試しください!
今後1~2週間で"騰がる"と目される 「銘柄コード:※※※※」 今だけ無料でお教えします。

株価
前日比 (-0.88%)
2,815
東証2部・機械
(株)加地テック
チャート提供:株ドラゴン
前日終値 2,840
始値 2,833
高 値 2,833
安 値 2,807
出来高 2,300株
値幅制限 2340~3340

(株)加地テックのyahoo textreamトピック(2週間以内)

No.547[投稿者:nintendodaisuki]
国内自動車大手がEVよりもFCV(燃料電池車)にこだわるワケ

 ただ、ここにきて官民協業で活路を見いだそうとする動きが出てきた。トヨタや石油元売り大手JXTGエネルギーなど計11社は30年春、FCVに燃料を供給する水素ステーションを整備する新会社を設立する計画だ。

 政府は、水素技術を海外展開し世界の低炭素化をリードしようと、29年12月26日の関係閣僚会議で、水素基本戦略を決定した。経済産業省によると、自動車などでの水素利用を推進する方向を掲示。30年までにFCVを80万台とする従来目標を据え置くほか、バスを1200台普及させるなどと明記した。水素で走るトラックの商用化を目指す方針も盛り込んだ。

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券の杉本氏は「定時走行する燃料電池バスがカギを握る」とみる。バスで一定量の水素が消費されるようになれば、水素ステーション運営上の固定費が回収しやすくなるからだ。
No.546[投稿者:nintendodaisuki]


トヨタ、燃料電池コスト半減
20年以降に新型車 (2018/1/19付日本経済新聞 朝刊)

トヨタ自動車は燃料電池車(FCV)の次期モデルを2020年以降に発売する方針を決めた。現行の量産型FCV「ミライ」は価格が割高で、想定より普及が進んでいない。次期FCVは燃料電池車のシステムなどの製造コストを現行の半分以下に下げ、販売価格を抑える。FCVを中距離以上の走行を得意とする電動車の品ぞろえの一つとして市場を開拓する。

トヨタはFCVの開発を1992年に始め、14年にミライを発売した。生産能力を段階的に増強しているが、1台700万円強と割高で、これまでの販売台数は5000台強にとどまっている。

 燃料電池システムなどのコストをまず半分以下とし、25年をめどに4分の1まで下げるという。20年以降に発売する次期FCVは世界販売で年3万台以上、国内で1万台以上を目指す。

 トヨタは25年ごろまでに、エンジン車のみの車種をゼロにすると表明。次世代車では全方位の戦略を進めている。技術力で優位にあるハイブリッド車(HV)を主軸としながら、プラグインハイブリッド車(PHV)や電気自動車(EV)のほか、FCVも電動車の核と位置付けている。
No.545[投稿者:ira*****]
ほう 現時点で、水素で走るミライの燃料代はガソリンとほぼ同じらしい
http://is-factory.com/post-12291/

水素がガソリンに取って代われば、
すごいことになるねぇ
No.544[投稿者:nintendodaisuki]
NHKニュースでやってたね
福島に水素工場造るってさ
河北新報も
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201705/20170511_63010.html

しかも補助金も出るみたい
No.543[投稿者:nintendodaisuki]
岩谷産業、羽田空港に水素ステーション
貨物用、19年メド


 岩谷産業は2019年秋にも、羽田空港に燃料電池フォークリフト用の水素ステーションを設ける。空港内の水素ステーションは17年4月に設けた関西国際空港に続き2カ所目となる。東京五輪に向け政府や東京都が水素エネルギーの普及を後押ししており、水素供給大手の岩谷はステーションの設置を増やす。

 羽田空港の貨物区域で約3億円を投じ、500平方メートルの専用施設をつくる。

(株)加地テックの適時開示情報

日時 内容
支配株主等に関する事項について
代表取締役の異動に関するお知らせ
剰余金の配当に関するお知らせ
定款の一部変更に関するお知らせ
人事異動に関するお知らせ
業績予想および配当予想の修正に関するお知らせ
役員人事に関するお知らせ
役員人事 に関するお知らせ
平成27年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(非連結)
業績予想の修正に関するお知らせ
平成27年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(非連結)
支配株主等に関する事項について
剰余金の配当に関するお知らせ
平成26年3月期 決算短信〔日本基準〕 (非連結)
中期経営計画 (2014年度~2016年度)について
業績予想および配当予想の修正に関するお知らせ
役員人事に関するお知らせ
役員人事に関するお知らせ
構造改革ならびに役員人事に関するお知らせ