new_releases 仕手株ブタレポート

個別銘柄詳細

3141 ウエルシアホールディングス(株)

ウエルシアホールディングス に注目するのもいいですが、それよりもまず"コノ銘柄"をお試しください!
今後1~2週間で"騰がる"と目される 「銘柄コード:※※※※」 今だけ無料でお教えします。

株価
前日比 (---%)
6,020
東証1部・小売業
ウエルシアホールディングス(株)
チャート提供:株ドラゴン
前日終値 6,020
始値 6,030
高 値 6,050
安 値 5,980
出来高 154,200株
値幅制限 5020~7020

ウエルシアホールディングス(株)のyahoo textreamトピック(2週間以内)

No.847[投稿者:dfgggg]
材料出た~!!5/31カンブリア銘柄
♫わっしょいわっしょい万株わっしょい♪
メディアの力って本当にすごいですね!
No.845[投稿者:kae*****]
20日天井  ガハハ。
No.844[投稿者:dream]
6000安定したかな❓
来週からは、6500~7000に向けて上昇してほしい
No.843[投稿者:ab0*****]
【超スクープ】3141ウエルシア5/31カンブリア銘柄!
S高に一番近い株発見か!
小売業は反応早いよ!
こないだ放映のメガネスーパーは放映後なんと株価倍近くに!
これは久々の万株登場か!!
No.842[投稿者:山師(金鉱脈採掘中)]
結果は既に見えている。
 競合であるコンビニやスーパーからすれば、武器を持った相手と素手で戦うような状況。

 ドラッグストアが「日本最強」である理由  百貨店を上回りコンビニを猛追
                   JPモルガン証券 シニアアナリスト 村田 大郎

 ドラッグストア業界は、少子高齢化などで国内需要が先細る日本で、毎年成長を続ける数少ない小売市場だ。2016年度の市場規模は前年度比5.9%増の6兆4916億円。百貨店の市場規模を上回り、コンビニを猛追している。

 好調の理由は一言でいうと規制があるからだ。医薬品は販売するために薬剤師など専門知識を有する人材が必要で、化粧品も参入障壁がある。誰でも参入できる業界ではなく、コンビニやスーパーのような自由競争の市場とは環境が違う。

 さらに、利益率の高い医薬品や化粧品で稼げるので、食料品や日用品では儲けられなくても問題はない。客寄せやついで買いの客をひきつけられればそれでよいため、そのぶん価格も安い。競合であるコンビニやスーパーからすれば、武器を持った相手と素手で戦うような状況なのだ。

 ここ5、6年では調剤事業が伸びている。調剤は8兆円近い大きな市場で、まだドラッグストアが占めているのは7~8%ほど。そのシェアはさらに高まると見られ、ドラッグストア市場は今後も成長を続ける余地がある。

 個別に見ていくと、マツモトキヨシは駅前型の高効率の店舗を多く持っていたが、都心では新規出店が難しくなり、郊外に進出。都心とはノウハウが違い苦戦していたが、現在は体制を立て直しつつある。

 一方でウエルシアは、M&Aを積極的に仕掛け、2016年度は連結売上高でマツキヨを抜き、業界トップに立った。調剤薬局を併設しており、専門性が高いことが特徴だ。
No.841[投稿者:huk*****]
後数十円で更新なのに、なかなかですね。
No.840[投稿者:山師(金鉱脈採掘中)]
門前薬局を蹴散らしてセブンイレブンを凌駕する日は目の前。

 5/31カンブリア宮殿【便利さを極め街のインフラに!ドラッグストア・ウエルシアの戦略】
No.839[投稿者:dream]
優待券が届いたので、早速Tポイントに変えてもらう手続きをしました
No.838[投稿者:bu5*****]
ここって経営陣の人数が多すぎませんか??
No.837[投稿者:dream]
私のところにも株主優待券来ました
No.836[投稿者:kk]
買い物株主優待券有難うございます
No.835[投稿者:さと]
(株)セブン&アイ・ホールディングス 時価総額 4,347,998百万円
ウエルシアホールディングス(株) 時価総額 626,808百万円

もう少し伸びるかな
No.834[投稿者:さと]
5/31カンブリア宮殿【便利さを極め街のインフラに!ドラッグストア・ウエルシアの戦略】

打倒セブンイレブン!便利&激安で急成長するドラッグストア・ウエルシアの戦略とは!?「調剤併設店」「24時間営業」で「地域の健康サポート拠点」を目指す!

ドラッグストア業界に長らく君臨してきた“王者”マツモトキヨシホールディングスが、2016年、22年ぶりに売上高首位の座を明け渡した。新たにトップに立ったのは「ウエルシアホールディングス」だ。その急成長の秘密は、ドラッグストアに、「コンビ二の便利サービス」と「スーパーの激安価格」を導入した点。便利と格安でコンビニから客を奪い、“新たな社会インフラ”になりつつある、ウエルシアの戦略に迫る。
No.833[投稿者:メガネスーパーバカ]
カンブリアですね(笑)
No.832[投稿者:pcc*****]
ウエルシアの元薬剤師、執行猶予3年の判決
処方箋なしで処方箋医薬品を販売他店舗も調査
No.831[投稿者:のんちゅーま]
5/31カンブリア宮殿
No.830[投稿者:oka*****]
24時間営業に違和感を感じる。のちのち足を引っ張らねばよいのだが・・・
No.829[投稿者:さと]
踏み上げ開始
明日、明後日が本番
今のうち買っておけ
No.828[投稿者:zai*****]
たまたま日経に提灯記事が載っただけ、ほんと総会は惨かったです。
No.827[投稿者:さと]
踏み上げ開始
No.826[投稿者:pcc*****]
ウエルシア薬局ユーカリが丘店は、ED治療薬や男性型脱毛症治療薬(AGA治療薬)、向精神薬などの処方箋医薬品を処方箋なしで販売し、18年2月には19日間の業務停止となっていた(関連記事:「千葉県のウエルシア薬局で19日間の業務停止」)。

 今回、検察側は懲役1年6カ月を求刑していた。弁護側は、被告人は反省しており、薬剤師として勤務する意思はないことなどを主張し、執行猶予付きの判決を求めていた。
No.825[投稿者:山師(金鉱脈採掘中)]
逆日歩が0.01円になって来た。貸借比率0.57倍。

 踏み上げがあるかもよ。
No.824[投稿者:foo*****]
私も参加中。
同感。
No.823[投稿者:gon*****]
24時間営業は続ける

昨今の人手不足とか現場の温度感じてない。
No.822[投稿者:saj*****]
総会now

質問者もフガフガや余計な肉付け多く聞こえにくい人多いし。

社長の回答能力もかなり低いな( ・_・)
No.821[投稿者:gon*****]
総会が、クレーム大会
No.820[投稿者:pcc*****]
ウエルシア薬局の元薬剤師に、懲役1年6ヵ月執行猶予3年

 千葉地方裁判所は18日、向精神薬やなどを含む処方箋薬を処方箋なしに不正販売したとして、医薬品医療機器法と麻薬及び向精神薬取締法違反の罪で、ウエルシア薬局ユーカリが丘店(佐倉市)の元管理薬剤師・木川智勝被告(30歳)に、懲役1年6ヵ月、執行猶予3年の有罪判決を下した。懲役期間は検察側の求刑の通りだが、前科のない同氏の反省などを踏まえ執行猶予を付けた。昨年11月にウエルシアホールディングスが不正事案を公表し、千葉県が今年2月に同店舗へ19日間の業務停止
No.819[投稿者:ebitai]
こりゃ、一旦売りだな……。
No.818[投稿者:山師(金鉱脈採掘中)]
将来的に勝ち組業態に。

 コンビニの新規開拓層を奪うドラッグストア

 従来のコンビニのビジネスモデルは「個人消費」「即食」「高荒利」がベースだった。しかし、ここ数年は生鮮スーパーが強かった「シニア」「ファミリー(主婦)」といった新規客獲得を進め、それまで常識とされていた「コンビニ5万店限界論」をぶち破った。

 セブンイレブンが一人勝ちしている理由は、従来のコンビニの形態をうまくアレンジすることで、このシニア・ファミリー層に他のチェーンより浸透することができた点が大きい。

 ところが、そんなコンビニが新たに獲得した客層を、食品類を強化しているドラッグストアがどんどん奪っている状況だ。ローソン・ファミリーマートの不調は、このことも原因のひとつとなっていると言えるだろう。
No.817[投稿者:山師(金鉱脈採掘中)]
超コンビニと呼ばれているらしい。

「超コンビニ化」するウエルシア薬局が、ガチでセブンを脅かし始めた
               2018年05月12日 19時50分 ビジネスジャーナル

 1月末、コンビニエンスストア最大手のセブンイレブンが、国内2万店を達成した。大手のファミリーマート、ローソンと合わせると、その店舗数は全国で約5万店。そのほかミニストップやデイリーヤマザキ、セイコーマートを加えれば6万店に迫る。

 いまや、私たちの生活に欠かせなくなったコンビニは取り扱う商品を年々充実させて、営業時間も24時間。まさに、至れり尽くせり。そのため、コンビニさえあれば、ほかの商店は不要とさえ感じるだろう。

 そんな快進撃を続けるコンビニだが、最近は出店ペースが鈍化している。国内の市場は飽和状態のため、最近では宅配にまで裾野を広げる。

 コンビニは、外食産業の領域にも進出し、どんどん強大化した。もはや、コンビニに勝てる小売店はない。外食産業もコンビニに屈しつつある――と思われていたが、コンビニを脅かす存在が現れ、王者・セブンイレブンでさえも劣勢に立たされている。そんな存在の一角は、いうまでもなくネット通販。具体的にはアマゾンだ。・・・途中省略してます・・・

●医薬品も日配食品も扱う
 しかし、ここにきてコンビニの牙城を脅かす勢力が現れ始めている。それが、埼玉を中心に全国で1600店前後を展開するドラッグストア、ウエルシア薬局だ。

 ドラッグストア業界も、近年では覇権争いが激しい。一時期はマツモトキヨシが一大旋風を巻き起こした。その後、ツルハドラッグ、サンドラッグ、スギ薬局などが急成長。群雄割拠の様相を呈している。それらが競い合うことで、ドラッグストアはコンビニを脅かす存在となりつつある。業界関係者は話す。

「昨今のドラッグストアは、コンビニと比べても品揃えに遜色がありません。むしろコンビニでは扱えない医薬品を扱っているので、コンビニを超えたコンビニ、いわゆる超コンビニといった感じが利用者にウケているのです」
No.816[投稿者:山師(金鉱脈採掘中)]
打倒コンビニ、打倒門前薬局になる可能性大。

 24時間営業も宅配便ロッカーも

 ドラッグストアが好調に売上を伸ばしているのは、医薬品を扱っていることだけが理由ではない。ウエルシアは大手流通グループのイオン系列のため、店舗によっては24時間営業。

 しかもコンビニでは当たり前になったマルチコピー機やATM、宅配便ロッカーを設置している。最近になってコンビニが力を入れるようになったイートインコーナーも、ウエルシアにはある。

 一昔前なら、コンビニとドラッグストアは棲み分けができていた。それがコンビニvs.ドラッグストアという対決構図になり、今はそうした構図さえも崩れた。今後はコンビニとドラッグストアが区別されることはなくなるだろう。業界関係者は話す。

 「コンビニ店員の大半は、学生か主婦です。だから、医薬品販売の資格なんて持っていません。また、コンビニ側も医薬品販売の有資格者を集められるほどの時給を出す余裕はないでしょう。
 まして、今のコンビニは外国人に労働力を依存しないと店が回らなくなっています。
 とても医薬品販売にまで手が回りません。コンビニとドラッグストアが同じ土俵で戦えば、勝負は目に見えています」

 ドラッグストア業界は、マツモトキヨシが長らく業界首位をキープしてきた。しかし、2017年にウエルシアが首位を奪取。その勢いはドラッグストア業界の版図を塗り替えるだけではなく、小売業界全体にも変化を及ぼしている。

 ウエルシアの店舗数は、まだ少ない。しかし、コンビニ業界はウエルシアに戦々恐々としている。セブンも安穏とはしていられないだろう。
No.815[投稿者:ore*****]
売り
No.813[投稿者:ああああ]
10日と同じパターン?
No.812[投稿者:山師(金鉱脈採掘中)]
お酒の品ぞろいがまるで「酒専門店」仕事帰りのコンビニで買っていたような方々が来ている。
No.811[投稿者:山師(金鉱脈採掘中)]
待たない便利さ。

 処方箋スマホで撮影して送れば1分で受け取り
No.810[投稿者:関羽]
近所に店舗増えています。客層はお年寄りが多かったですね、広すぎない店舗で品揃えは豊富で一件で用事が済むため重宝してるのかも
No.809[投稿者:has*****]
分割しないかな
No.808[投稿者:山師(金鉱脈採掘中)]
調剤でもポイントがつくのです。

 ウエルシア薬局の真骨頂は、調剤でもクレカ決済ができ、しかもTポイントが貯まるということ。

シニアデーや毎週月曜日のポイント2倍の対象にならないのは残念ですが、差別化しにくい調剤でポイントがつくのは、大きなメリットです。
No.807[投稿者:piy*****]
信用で保有しているのでどこかで売らなければならない。
(期日は9月・現引きの金はない!)
素人分析でチャートを見ても、天井がぜんぜんわからない。
心理的に6000円超えは売りなのかなぁ~?
No.806[投稿者:dream]
びっくりしました
No.805[投稿者:山師(金鉱脈採掘中)]
奥の手有ります。

 さらなる奥の手は、調剤薬局を併設することだ。これを最も進めているのはウエルシアで、調剤併設店は1,025店(前年から131店増)、調剤併設率は66.9%(前年比6.0%増)に及ぶ。調剤売上高は約975億円(前年比27.5%増)で、調剤薬局チェーンのランキングでも6位に入ろうかという勢いだ。将来的には首位に立つ可能性すらある。

 消費者にしてみれば、調剤薬局で薬を調合してもらっている間に、食品などの買物ができるメリットがある。高齢者にしてみれば、流行に敏感なファッション衣料や雑貨の専門店を山ほど揃えたイオンモールよりも、非常にありがたい店になっているのだ。

 ウエルシアではコンビニのように公共料金の支払いもでき、スーパーによくあるアルカリイオン水の無料サービスもあるといったように、さまざまなサービスを取り入れている。
No.803[投稿者:山師(金鉱脈採掘中)]
ドラッグストアは「即コンビニ化」出来るがコンビニは「ドラッグストア化」出来ない。

 薬の販売での薬剤師の実務経験2年以上がクリアー出来ない。
No.802[投稿者:sun]
ウエルシア様
介護に中国に…
どこまでもついていきます
No.801[投稿者:ebitai]
 踏ん張れ! 踏ん張れ! の声が聞こえる。大金持ちのファンドかシテスジか応援者としてついている感あり?
 とにかくよく頑張っているのう。 最後にどばっと買いが入って、かろうじて踏みとどまった。
 ここの レーテイングは確か5600円位だ。すでに300円以上、上回っている。 ここから買っていく理由がよく分からない。最初と最後に大口の買いが入るもが意味ありげだ。売り方に回りたいのだが・・・・・・・。
 もしかしてシテ株か?  売り方の踏み上げを狙っているのか? 

   誰か教えて給もれ。
No.800[投稿者:ebitai]
解説
 ここは業績相場で想像以上に買われてきた。これからも先高感はあるもののそろそろ一服が必要であろう。そんな気配をチャートが物がたっている。それが「トンボ」であり「首吊り線」だ。これは高値波乱でしばらく上げ続けたあと長陽線で買われ、翌日も勢い余って高寄りするも買い方の勢いが続かず同時値で終了。上値で寄り付いたのはマバラの売り方の踏みだろう。下げたのは買い方の成り行き利食いだろう。そこに押し目待ちの買い物で高値引けという線だ。ここは買ってはいけない。売り物がない中を、オチョコチョイのマバラの買いが入っただけのこと。本日売りが多くなれば一旦手放し、底を確認してからの押し目買いが妥当であろう。
 以上は素人の論評。吉と出るか兆と出るかは今後の動き次第。売り買いはあくまで自己責任。
No.799[投稿者:山師(金鉱脈採掘中)]
●24時間営業も宅配便ロッカーも

 ドラッグストアが好調に売上を伸ばしているのは、医薬品を扱っていることだけが理由ではない。ウエルシアは大手流通グループのイオン系列のため、店舗によっては24時間営業。しかもコンビニでは当たり前になったマルチコピー機やATM、宅配便ロッカーを設置している。最近になってコンビニが力を入れるようになったイートインコーナーも、ウエルシアにはある。

 一昔前なら、コンビニとドラッグストアは棲み分けができていた。それがコンビニvs.ドラッグストアという対決構図になり、今はそうした構図さえも崩れた。今後はコンビニとドラッグストアが区別されることはなくなるだろう。業界関係者は話す。

「コンビニ店員の大半は、学生か主婦です。だから、医薬品販売の資格なんて持っていません。また、コンビニ側も医薬品販売の有資格者を集められるほどの時給を出す余裕はないでしょう。まして、今のコンビニは外国人に労働力を依存しないと店が回らなくなっています。とても医薬品販売にまで手が回りません。コンビニとドラッグストアが同じ土俵で戦えば、勝負は目に見えています」

 ドラッグストア業界は、マツモトキヨシが長らく業界首位をキープしてきた。しかし、2017年にウエルシアが首位を奪取。その勢いはドラッグストア業界の版図を塗り替えるだけではなく、小売業界全体にも変化を及ぼしている。

 ウエルシアの店舗数は、まだ少ない。しかし、コンビニ業界はウエルシアに戦々恐々としている。セブンも安穏とはしていられないだろう。
No.797[投稿者:ebitai]
買い手が減ってきた。そろそろお別れの時期かな?
No.796[投稿者:山師(金鉱脈採掘中)]
セブンイレブンを追い抜く日が近々到来か。

 ドラッグストアの売り上げ「百貨店超え」 コンビニ追い抜く日が来る?
                浅井秀樹2018.4.26 07:00週刊朝日

 ドラッグストアの勢いが止まらない。買収・合併や、食品、インバウンド需要などが追い風となり、百貨店を追い抜いて7兆円産業へと成長している。2025年に10兆円の目標を掲げ、コンビニ市場に迫る展開となりそうだ。業界の戦略と未来を分析した。

【図】主要各社の売上高はこちら

 日用品や食料品など普段の買い物に主婦が行くのは安さが魅力のスーパーだが、最近はドラッグストアが存在感を増している。

 経済評論家の横川楓氏はこう話す。

「野菜や肉など生鮮食品を売っているところもあり、生活の必需品がそろう。取扱品もほとんどが『激安』というくらいの割引価格。いろいろな店を回ることなく買い物ができる」

 売り上げ規模をみると、ドラッグストアの勢いがよくわかる。日本チェーンドラッグストア協会の調べでは、2017年度推定で前年度比5.5%増の6兆8504億円となった。00年度を基準にみると、毎年拡大し、2.6倍に膨らんでいる。全国の店舗数は2万店近くまで増え、高齢化社会を迎えて狭小商圏化への対応が進んでいるという。

 最近は、便利さで成長したコンビニエンスストアと商圏が重なり合う。コンビニはこのところ停滞気味で、ドラッグストアはその売り上げ規模を射程に入れる勢いだ。日本フランチャイズチェーン協会によると、17年のコンビニ売上高は9兆4738億円。同じく伸び悩む百貨店の売上高は、日本百貨店協会の調べによると、同年でほぼ横ばいの5兆9532億円と、ドラッグストアが追い抜いた。
No.795[投稿者:すももcheer♪znapayB]
ウエルシアさま(人´∀`)♪

6000☆
おめおめですー(*'∇')/゚・:*【祝】*:・゚\('∇'*)

わっしょーーーぃ\(^o^)/
No.794[投稿者:関羽]
6000超えするかな?

ウエルシアホールディングス(株)の適時開示情報

日時 内容
「日本一のドラッグストアチェーン」の構築を目指したウエルシアホールディングス株式会社と株式会社CFSコーポレーションの株式交換による経営統合のお知らせ
剰余金の配当に関するお知らせ
定款一部変更に関するお知らせ
当社及びグループ子会社の経営体制について
内部統制システム構築の基本方針の改定のお知らせ
平成27年2月期 決算短信〔日本基準〕(連結)
タキヤ株式会社及びシミズ薬品株式会社との株式交換比率に関するお知らせ
ストックオプション(新株予約権)の内容確定に関するお知らせ
平成27年2月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
決算期変更に伴う業績予想の修正及び配当予想の修正に関するお知らせ
ストックオプション(新株予約権)の発行に関するお知らせ
「従業員持株ESOP信託」の導入に関するお知らせ
株主優待制度の一部変更に関するお知らせ
支配株主等に関する事項について
イオン株式会社による当社株券に対する公開買付けの結果並びに親会社及びその関係会社の異動に関するお知らせ
(訂正)簡易株式交換によるタキヤ株式会社及びシミズ薬品株式会社の完全子会社化に関する株式交換契約締結に関するお知らせ
剰余金の配当に関するお知らせ
決算期(事業年度の末日)の変更及び定款一部変更に関するお知らせ
当社及びグループ子会社の経営体制について
イオン株式会社による当社株券に対する公開買付けに関する意見表明のお知らせ
簡易株式交換によるタキヤ株式会社及びシミズ薬品株式会社の完全子会社化に関する株式交換契約締結に関するお知らせ
「日本一のドラッグストアチェーン」の構築を目指したウエルシアホールディングス株式会社と株式会社CFSコーポレーションの経営統合に向けた合意について
本日の当社に関する一部報道について
平成26年8月期 決算短信〔日本基準〕(連結)
中国合弁会社の子会社化に関するお知らせ
組織変更及びグループ子会社の経営体制について
ストックオプション(新株予約権)の内容確定に関するお知らせ
平成26年8月期第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
株式分割並びに定款の一部変更に関するお知らせ
ウエルシア関東株式会社との株式交換比率の変更に関するお知らせ