new_releases 仕手株ブタレポート

個別銘柄詳細

2531 宝ホールディングス(株)

宝ホールディングス に注目するのもいいですが、それよりもまず"コノ銘柄"をお試しください!
今後1~2週間で"騰がる"と目される 「銘柄コード:※※※※」 今だけ無料でお教えします。

株価
前日比 (+0.75%)
1,471
東証1部・食料品
宝ホールディングス(株)
チャート提供:株ドラゴン
前日終値 1,460
始値 1,464
高 値 1,473
安 値 1,461
出来高 193,400株
値幅制限 1160~1760

宝ホールディングス(株)のyahoo textreamトピック(2週間以内)

No.254[投稿者:毘沙門]
阪神地区に地震被害がなく、一刻も早く落ち着きを取り戻されんことを祈念すると同時に、被災を受けられた方々には、心からお見舞い申しあげます。
米中貿易戦争の拡大が世界共通懸念材料となってきた。行方の姿が不透明で見えないだけに、この問題解決には、時間を要することになるのだろう。材料重視で相場を見ると、局面局面で振り回されかねない。
NY市場を始め、世界の株価の動向に加え、経験則に照らして、テクニカル的に相場位置を検証するところだろう。
日経平均は、罫線的には、三角合いの最終段階に来ている。上放れるのか、下放れるのか近々、結論が出るのだろう。定石では「放れた方に付け」とある。
相場観は十人十色。百人百様。再三書いているが、目先的には、定石的に「夏のハマグリ」が賢策なのかもしれない。
No.253[投稿者:kazukingkong]
KENWOODからタカラベルモントに転職したT氏は、
「相手の彼女の名前を聞き出し、いざというときに脅迫の材料にして、皆に言いふらす、自分の彼女は絶対に言わない」という戦略の持ち主でした。彼の戦略はタカラグループでも絶対に活きますね?

T氏がいるから絶対も儲かっていきますね?
No.252[投稿者:毘沙門]
米朝首脳会談、FOMC委員会、ECB理事会、本日は日銀政策委員会。ビッぐイベントを次々に消化しているが、想定の範囲に収まる結果とは言え、それにしても、相場のレスポンスは反応薄に見える。
目先相場を見る一指標に過ぎないが、サイコロジカルラインは8:4と過熱圏にあり、本日高いと9:3にまで上昇する。加えて、週末ということもある。過熱指標の冷却化待ちが賢策と見る投資家は多いだろう。経験則重視の投資家は、買い控えになるだろう。
7月になると、1月の高値期日がやって来る。新年早々、今年に期待をかけた買いが勢いよく出ただけに、期日売りも予想される。先高期待が高かっただけに、整理が進んでいないことも考えて、対応するところだろう。トランプ関税問題も予測されるだけに、1月高値の外需株には、特段の配慮が必要かもしれない。
「期日には向かえ」とか「期日を待って買え」とか格言にあるが、25日移動平均値の上にある株が目先的には妙味があるのだろう。
材料に振り回されることなく、経験則に基ずいて、過熱の冷却を待つところにあるのかもしれない。
No.251[投稿者:毘沙門]
買いの最大手日銀が、今月はETF買付ゼロと聞いているが、前場の数値から推測すると、本日の後場は、今月初の買い出動することが期待できそうだ。
ただ今日は、過熱感の冷却日に終始して欲しいところだ。
No.250[投稿者:毘沙門]
古い公衆便所の落書き集にに、次のような書があった。
よく使われる言葉に「独断と偏見」がある。
その「独断と偏見」に基ずいて、経験則から自説を大胆に書くと、「空けた窓は3日で埋まらなければ、1ヶ月は埋まらない」。この様な格言は存在していないので、あくまでも己の経験則から得た戦術指標に過ぎない。が、しかしながら、かなり確率が高いので、トレースしてみると納得がいくかもしれない。
その我流指標からタカラHDを罫線的に分析すると、6月8日と、同12日に窓を空けている。
6月8日からは、すでに3日以上経ているので、この窓は当面埋まらない。つぎの窓は6月12日となる。つまり、今週末の6月15日引けまでに、株価が1,427円以下にならなければ、3日間経過するので、来週から1ヶ月は空けた窓は埋まらない確率が高いということになる。はたしてどうなることやら、お楽しみというところかな。
No.249[投稿者:毘沙門]
米が7回目の政策金利引き上げをして、年2%としたようだ。更に今年2回、来年3回の実施を予定している。諸指標から見て、今年の利上げを3回ではなく、4回に踏み切ったことは、それだけ米景気は絶好調が続くと政策当局は判断しているのだろう。米景気に引っ張られている世界景気は、当面心配はないとのご宣託が、FOMC委員会によって、お墨付が出たようなもんだと理解している。当面は景気後退の懸念することだけは、払しょくされたようだ。大勢上昇波動の修正は不要になった。密かに期待していた今年4回のです利上げは、大きな意味があるやに受け止めのている。
日本市場は、短期指標のサイコロジカルラインが、8:3と過熱圏に入っており、、本日高いと、9:3になる。テクニカル的には、米政策金利上げが、過熱冷却のキッカケとなり、健全性を取り戻すことに繋がりそうだ。6月3日の”225”で書いたが、日経平均23,050円超えから、上昇相場が安定するのだろう。現在は”胸突き八丁”にあるのかもしれない。
7月は、上昇の期待がさらに強まったのではなかろうか。
No.248[投稿者:choukei]
ぉもしろいチャートだよね こんな調整もなく上がるチャート見たことないです

平均買い単 1300円位
皆さん利益出てるんだね
素直に買ってれば随分儲かる 長期で持ちたい株

頑張ってね宝ホールディングス
いつもありがとう
No.247[投稿者:ycb*****]
宝ホールディングの株 約30億円 売って
ドミー損した株主 廃止株 買えよ

スカイダイビング中のインストラクターの裏切り

ドミー株 保有中の 経営者 とドミー会の裏切り


銘柄に指定されていた名証2部上場の9924
スーパーマーケット「ドミー」は、3月27日付で上場廃止

不正会計で会社時価総額が1/4
50億円も失い株主は大損した。
責任は誰がとるのか?



2017年9月29日 ドミーの取引先で組織した「ドミー会」の平成29年度総会仕入れ先関係者ら約350人が参集させ
福井稔ドミー会会長(国分中部社長
は、「消費全体の流れが大きく変化する中でも、ドミーさまは明確な投資を行いつつ、地域密着型のスーパーとして着実に歩みを進めておられる」と
同社の梶川志郎会長
も、「今後とも地道に地域のお客さまに喜んでいただける店づくりにまい進していきたい



健全経営を アピール
株主を騙したこの二人
No.246[投稿者:毘沙門]
日曜放言でもしようと思っていたが、相場の流れが徐々にというより、ハッキリ変わってきていると感じる。内需株の代表挌の資生堂の騰勢は一向に衰えず、電鉄株が連騰している。反面、東エレクトロン、ファナック、安川電機、任天堂等、昨年のスター株のジリ貧・急落が目立ってきた。
この現象変化は、個人投資家が主役ではないことは間違いない。機関投資家が、今後の企業業績を分析した結果、銘柄の入れ替えを行っているものと推測される。
独断で勝手に造語すると、【ナイジュ(内需)グロース(成長)株】が主役相場の到来と、考える時に来ているように感じる。相場内容が変わり、景色が変わる気配を経験則から感じてならない。
タカラHD、資生堂、テルモ、、、等が連騰しているのも、大きな流れに沿った動きの一環かもしれない。
機関投資家の動向をしっかりつかむことが、物色対象の変化を見るうえで、最も重要な注意事項となる。
No.245[投稿者:まる]
ゴメン、一旦離脱した
又落ちた頃に買い直します
No.244[投稿者:毘沙門]
本日高いと10連騰となる。一方、株価は25日移動平均値(昨日:1,350円)との乖離率がほぼ10%になっており、定石的には過熱圏にある。当然、利益定売りが出るところに来ていることになる。現時点は、罫線的にはN字型なのか、否、Wトップ型なのか微妙な型になっている。
格言に「鬼より怖い一文新値」とあるが、昨日その一文新値1,479円を超え、1、481円の高値を付けたことから、一安心しているのだが、ここは少々休み、次に備えてエネルギーを蓄積して欲しいところなのだが。N字型を期待している。
No.243[投稿者:ads*****]
癖のある動きをする株や、この癖はどこから来るの、会社、株主。
No.242[投稿者:毘沙門]
「高所恐怖症」という人は意外に多いと聞く。投資家にも株価が想定以上に上昇してくると、「高所恐怖症」に罹り、手も足も出なくなる。格言に「買い難い株は騰がるが、買いやすい株は騰がらない」とある。
昔の話になるが、史上最高値を更新した株のみしか買わない投資家がいた。「史上最高値でも買う投資家がいるからこそ、株価は新値を付けるのだ。新値を買うということは、それなりの魅力があっての行動だ。理屈はいらない。最も確率が高い投資法なのだ」と、おっしゃっておられた。投資手法はいろいろあるが、「高所恐怖症」を逆手に取り、効率的な運用を得意としている投資家もいるのだ。
No.241[投稿者:teng]
株不足、44万株。逆日歩0.05
半分利確。未だ上がるだろう。
No.240[投稿者:毘沙門]
余談になるが、かって、この欄に投稿したことがあるが、昔、資産家の投資家に「空売り」について質問したことがある。彼はつなぎ売りは除いて、中小型株は自信があっても「空売り」は禁じ手だ。「空売り」を仕掛けるなら、大型株だけに絞るべきだ。との教えを受けた。以来、この教えを守ったことにより、大過なくヘッジ売りが出来ている。相手が見えないだけに、大口投資家が買い仕掛けをやると、中小型株は需給が一気に変わることもあるので、安値覚からの「空売り」は、リスクを伴うこともある。
相場とは難しいものだ。
No.239[投稿者:choukei]
空売りの買い戻しだけで上がってそう
長期にみたら買いだよね
No.238[投稿者:毘沙門]
本日高いと9連騰になる。前にも(6月1日)書いたが、私見として、逆日歩株は、25日移動平均値に株価が乗せて来ると、カラ売り筋には動揺が生じるので、買い転換になるというのが経験則だ。
経験則通りになった来たようだが、定石的に見て、25日移動平均値(昨日:1,344円)と株価が10%以上乖離すると、過熱圏入りとなる。格言に「株価は株価に聞け」とか「過熱も相場」とかいろいろあるが、投資家個々の相場観を優先すればよい。
前にも変化日について述べたが、18日(来週月曜日)がその変化日に当たる。目先筋には注意を要する節目になるかもしれないし,押し目をつくる可能性もある。あくまでも罫線の話として、その様な見方もあるのか程度の個人的相場観に過ぎない。
当たるも当たらぬも罫線だけに、長期投資家筋には一切無視するところだろう。
かって、宝酒造は、ゲノム解析を材料に市場の人気を集め、3,260円の史上最高値を記録している。史上最高値更新を期待している株主は数多くいることだろう。


> 格言に「逆日歩に買いなし」とある。少数意見だが「逆日歩に売りなし」ともある。
> タカラHDは、極めて単純にはんだんすると、先行き株価が下がるだろうと見た投資家が、逆日歩前提でカラ売りを仕掛けているのだろう。信用残ベースで見ると、先々週は約20万株弱、先週は16万株弱の空売り増となっている。空売りの単価の想定はつくが、下値をどのくらいの株価に置いているのかは解からない。
> 株価が25日移動平均値以下にある場合、我流の逆日歩銘柄の対処法は、経験則から、単純明快に、株価が、25日移動平均値上に回復してきたら強気転換をしている。それまでは、大阪の諺ではないが「夏のハマグリ」を決め込んでいる。【身(見)腐って(くさって)貝(買い)腐らん(くさらん)】。
> 理由は単純明快だ。25日移動平均値に株価が上昇して乗せることは、過去1ヶ月間に買い付けた投資家の利確回転が可能になる現象と捉えている。逆に、過去1ヶ月間に空売りした玉は、買い戻しが迫られる水準まで、株価が上昇したことにもなる。
> 強弱どちらが有利なのかは、単純に判断できないが、若干ながら上昇有利と見て、強気転換している。定石では、株価が25日移動平均値に乗ると、カラ売り筋は動揺が始まるものだ。
> タカラHD昨日の25日移動平均値は、1、331円になっている。1,350円以上になると空売り支持の買い戻しも加わって、明るい展開が期待できそうだ。
No.237[投稿者:teng]
半分利確も考えたが、まだ上がるん?税金大きいなあ。
No.236[投稿者:gabunman]
1500いきそうな勢いですね!目標達成したんで全利確したよ!また買う。
No.235[投稿者:毘沙門]
本日は余程の材料でも出てこないと、日経平均はプラスで引けそうだ。サイコロジカルラインは8:3となり、過熱圏入りとなる。他の指標に過熱感は出ていないが、全体相場を見るより、個別銘柄を見る段階に入るのかもしれない。
No.234[投稿者:毘沙門]
定石的に見ると、株価が25日移動平均値から5%位上値乖離してくると、買い方の利確回転が効いてくる。タカラHDの25日移動平均値は、昨日現在で約1,340円どころにある。本日、5%程乖離した水準まで株価が上昇してきたのだから、当然出来高は増えて来る。新規買い・利確売りが交錯する水準に到達したことになる。更なる上値期待から新規買いする投資家と、利食い千人力の投資家の交錯地点が5%乖離点でもあるわけだ。
ここで注意せなばならないのは、サプライズ材料でも出ない限り、定石では、10%を超えた乖離が示現したら、株価は過熱圏入りとなることだ。逆に見れば10%以上も乖離することは、それだけ強さを投資家が評価している証だが、少々冷却期間が必要のようだ。定石的判断が正解のケースが確率的に多いようだ。
25日移動平均値は、日々変化しているので、日々確認するところだらう。
何回もくどく書くが、
昔の宝酒造ではなく、体質が一変して、新しく生まれ変わったタカラHDを、株式市場は評価し始めているような気がしてならない。
No.233[投稿者:毘沙門]
> 格言に「逆日歩に買いなし」とある。少数意見だが「逆日歩に売りなし」ともある。
> タカラHDは、極めて単純にはんだんすると、先行き株価が下がるだろうと見た投資家が、逆日歩前提でカラ売りを仕掛けているのだろう。信用残ベースで見ると、先々週は約20万株弱、先週は16万株弱の空売り増となっている。空売りの単価の想定はつくが、下値をどのくらいの株価に置いているのかは解からない。
> 株価が25日移動平均値以下にある場合、我流の逆日歩銘柄の対処法は、経験則から、単純明快に、株価が、25日移動平均値上に回復してきたら強気転換をしている。それまでは、大阪の諺ではないが「夏のハマグリ」を決め込んでいる。【身(見)腐って(くさって)貝(買い)腐らん(くさらん)】。
> 理由は単純明快だ。25日移動平均値に株価が上昇して乗せることは、過去1ヶ月間に買い付けた投資家の利確回転が可能になる現象と捉えている。逆に、過去1ヶ月間に空売りした玉は、買い戻しが迫られる水準まで、株価が上昇したことにもなる。
> 強弱どちらが有利なのかは、単純に判断できないが、若干ながら上昇有利と見て、強気転換している。定石では、株価が25日移動平均値に乗ると、カラ売り筋は動揺が始まるものだ。
> タカラHD昨日の25日移動平均値は、1、331円になっている。1,350円以上になると空売り支持の買い戻しも加わって、明るい展開が期待できそうだ。

昨日夜、1週間ぶりに帰宅して、新鮮な気持ちで相場を見てみると、タカラHDは、ほぼ想定内の動きをしているので、軌道修正の必要はなさそうだ。上記の書き込みは6月1日のものだが、カラ売り筋はここから更に上昇が続くと動揺してきそうだ。小口のナンピン売りが、ここから更に積み上がってくるようだと、上昇に弾みがつくことも考えられる。

先週末、メジャーSQがありSQ値は出ているが、いろいろと思いを巡らすと、多くの空売り枚数を残したまま、ロールオーバーしたような気がする。9月のメジャーSQまでに買い戻すのか、再度ロールオーバーするのかはわからぬが、空売り玉は依然残留したままになっているのではなかろうか?。懸念材料があるだけに、弱気モードが続く限り、株価は下がらないものだ。日経平均が23,050円を超えて来ると、踏み上げ相場が期待できそうだ。
No.232[投稿者:teng]
今日も龍の様な右上がり、長期ながら有り難い、踏み上げ相場だね。
No.231[投稿者:gabunman]
踏み上げパワー凄いね!あと200株。
No.229[投稿者:yum*****]
何故上がるかより業績が良いのに下がっていたほうが不思議だ。
No.228[投稿者:龍雲]
何かあったの?
No.226[投稿者:gabunman]
ムフ、益が乗って来ました!
少しづつ捌きます、しめて6枚。

宝ホールディングス(株)の適時開示情報

日時 内容
新株予約権に係る発行登録に関するお知らせ
(訂正)「平成27年3月期 決算短信補足資料」の一部訂正について
平成27年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
平成27年3月期 第2四半期累計期間の連結業績予想の修正に関するお知らせ
平成27年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
平成26年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)
「TaKaRa グループ中期経営計画2016」を策定
単元株式数の変更および定款の一部変更に関するお知らせ
当社子会社(Foodex S.A.S.)によるスペインの日本食材卸会社Cominport Distribucion S.L.の株式取得に関するお知らせ
所在不明株主の株式買取りに関するお知らせ