new_releases 仕手株ブタレポート

個別銘柄詳細

2449 (株)プラップジャパン

プラップジャパン に注目するのもいいですが、それよりもまず"コノ銘柄"をお試しください!
今後1~2週間で"騰がる"と目される 「銘柄コード:※※※※」 今だけ無料でお教えします。

株価
前日比 (+1.03%)
1,568
東証JASDAQスタンダード・サービス業
(株)プラップジャパン
チャート提供:株ドラゴン
前日終値 1,552
始値 1,556
高 値 1,587
安 値 1,541
出来高 3,600株
値幅制限 1152~1952

(株)プラップジャパンのyahoo textreamトピック(2週間以内)

No.698[投稿者:rka*****]
ここは小さいながら安定度は高いですよね。
2円増配を2005年8月期以来昨年まで13期連続で行ってますし、キャッシュリッチで配当余力が大きいですから、今後も期待しても良さそうです。

連続増配記録を作れるかもね。
No.697[投稿者:アゲアゲ]
じっくりと集めてる人多いですよね。
焦らなければ配当もらって貸株放置でいいんじゃないかな??
現状の株価だったら、あと二年のうちに絶対にどっかに買収されるね。
No.696[投稿者:oto*****]
確かに2Qを見れば3Qは物足りなかったが成長力、好財務、perを見ればここからのダウンサイドはしれてるし、長めに持てる枚数なら負ける事はない。
No.694[投稿者:佐々木]
堅い決算ですねえ。でも確実に増収増益、毎年のように増配。利回りも2-3パーで安定、無借金経営。長期保有にはたまらんですね
No.692[投稿者:KGB]
バリュエーションでは1,800M円となりましたが、企業が株価に興味ない場合は中々難しいものがありますね。今回はとても勉強になりました
No.688[投稿者:ムロデ・ドリーム]
日大の危機管理広報問題からの波及で、企業の危機管理広報支援で要注目との事。業績が順調な割安、成長期待銘柄ですので、見直しに期待です。
No.686[投稿者:rka*****]
Q2決算(4月13日開示)が好調でしたし、6月の四季報では「↟前号比増額」ってなことに成りそうですし、7月のQ3決算でも好調さを維持し、今年度は1株益140円程度を期待しても良さそうです。

趨勢として、長期的に多少の景気によるアップダウンが有ったとしても、増収増益を続けて行きそうですね。
こんな銘柄がPER15倍にも満たないなんて、割安ですね。その内に見直されるかな。
No.685[投稿者:ロディ]
翔子さんのコメント比重が高くなってきた(笑)

閑散としてますね〜
No.684[投稿者:一年間ありがとうございました。]
プラップジャパンホルダーのみなさんIRが出ていますのでお知らせいたします。


h ttp://www.prap.co.jp/topics/180517_chunichi_hokkaido_DPRPteikei.pdf


プレスリリース掲載サイト拡大についてのお知らせ


Digital PR Platform が中日新聞の女性ターゲットサイト「オピ・リーナ」、北海道新聞のニュースサイト「どうしん電子版」へのコンテンツ提供開始

株式会社プラップジャパン〔本社:東京都港区、代表取締役社長:鈴木勇夫〕が運営するプレスリリース配信サービス Digital PR Platform は、2018 年 5 月より、東海・北海道を代表する両地域のブロック紙「中日新聞」、「北海道新聞」の 2 つのニュースサイトと連携し、コンテンツ(プレスリリース)の掲載を開始しました。
No.683[投稿者:一年間ありがとうございました。]
プラップジャパンホルダーのみなさんIRが出ていますのでお知らせいたします。


h ttp://www.prap.co.jp/topics/180424_kaigaihonbu.pdf


プラップジャパン 「海外事業本部」を新設
ASEAN エリアでの PR サービスの開発や拠点化、
日本企業の現地進出に伴う広報・PR 支援など、高い潜在需要を取り込む


広報・PR の支援・コンサルティングを手がける総合 PR 会社、株式会社プラップジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:鈴木 勇夫)は、6月1日付で組織変更を行い、新たに「海外事業本部」を設立いたします。

プラップジャパンでは、訪日観光客を対象にしたインバウンドPRサービス、中国やASEAN地域の外資系企業の日本進出に伴う PR 支援、日本企業の現地進出に伴う広報・PR 支援を目的とした「中国/アジア・パシフィック推進チーム」(現・中国・アジアパシフィック事業部)を 2016 年 5 月に発足。また、2017 年 7 月には、中国子会社に続く新たな海外市場への進出に向け、シンガポールおよび ASEAN 地域の市場調査・情報収集および協業企業の開拓等を目的としたシンガポール駐在員事務所を開設しています。今回設立する「海外事業本部」には、すでに多くの海外プロジェクトを遂行している「中国・アジアパシフィック事業部」に加え、今後の新たな拠点開発や海外での PR サービスの開発を目的とした「海外事業開発部」を新設。PR 需要の高まる ASEAN 地域を中心に PR/マーケティングサービスの拡充を目指します。プラップジャパンは、多種多様なプロフェッショナル・スキルを備えた総合PR会社として、今後も時代と共に変化する顧客ニーズを捉え、これまでの事業領域や国や地域に留まらず、常に新たなサービスの開発・提供に挑戦し続けてまいります。
No.682[投稿者:pipi***]
地味な会社だけど、割安だからじり高かな。
No.681[投稿者:rka*****]
キャッシュフローの良い会社ですので、株主還元率を高めてもらいたいものですね。
No.680[投稿者:rka*****]
ここって長期的に成長できるから、気長にかな。
株価はチンタラしても、2~3年に一度くらいは大きく上がり、またチンタラてのを繰り返すようなパターンかな?
No.678[投稿者:oto*****]
やっと少しだけ気付いてもらえたようだが、まだまだこれから。
No.677[投稿者:pipi***]
何か材料は出た?
No.675[投稿者:oto*****]
順調な決算でした。

高成長でこのPER,キャッシュリッチ。

上がらないのが不思議です。
No.674[投稿者:ロディ]
今期も二桁増益でいけるかなぁ〜
No.673[投稿者:一年間ありがとうございました。]
プラップジャパンホルダーのみなさんIRが出ていますのでお知らせいたします。


h ttp://www.prap.co.jp/topics/180412_DPRP.pdf


Digital PR Platform に業界初の「メディア CRM機能」を新搭載

プレスリリースに対するメディアの関心度を数値化して分析・管理新規登録企業は1ヶ月無料︕のトライアルキャンペーン実施


株式会社プラップジャパン〔本社︓東京都港区、代表取締役社⻑︓鈴⽊勇夫〕が運営するプレスリリース配信サービス「Digital PR Platform(デジタル PR プラットフォーム https://digitalpr.jp/)」は、2018年 4 月 12 日(⽊)に、プレスリリースに対するメディアの関⼼度を数値化して分析し、メディアの求める情報や切り⼝、タイミング、ワーディングを戦略的に検討・把握することが可能となる、業界初の「メディア CRM 機能」を実装します。

プレスリリースは報道機関やさまざまなメディアへの情報提供によりニュース掲載を目指す目的で配信されます。従来、配信元となる企業・団体はメディア関係者におけるプレスリリースの閲覧率や関⼼度をシステム的に確認することができず、効果的なプレスリリースの作成・配信は広報担当者の個人的な経験や勘による試⾏錯誤で⾏われていました。新搭載する「メディア CRM 機能」では、配信したプレスリリースの既読・未読状況をデータ取得することで、どのメディアの記者・編集者が、どのような情報に関⼼を示したかを定量的に測定することができます。広報担当者が日常的にメディアの興味関⼼を捕捉することで、自社の広報素材とメディアが関⼼をもつテーマとのマッチングをデータに基づいて戦略的に実施することができます。
No.672[投稿者:一年間ありがとうございました。]
プラップジャパンホルダーのみなさんIRが出ていますのでお知らせいたします。


h ttp://www.prap.co.jp/topics/180301_PRAPIDPR_owned.pdf


未来のコミュニケーションのあり方を見出す“ヒント”を提供

デジタル PR 研究所の情報サイト「IDPR」をオープン


広報支援およびコンサルティングを手がける株式会社プラップジャパン〔本社:東京都港区、代表取締役社長:鈴木勇夫〕の PR サービス研究開発組織「デジタル PR 研究所」は、調査研究活動の成果を広く発信していく情報サイトとして「IDPR(Institute Of Digital PR)」を本日公開しました。


2017 年 7 月6日に設立した「デジタル PR 研究所」は、企業・団体のコミュニケーション課題を解決する新しい PR サービスの開発に向けて、外部フェローを務めるデジタル諸分野のフロントランナーとともに以下 3 分野で調査研究を行っています。

1. Media Habit
デジタルメディアおよび生活者のトレンドを分析し、リアルな消費者像を把握する

2. Mechanism
クチコミや炎上が起こるメカニズムを解析し、最新の活用方法を提案する

3. Measurement
デジタル時代ならではの普遍的な「効果測定モデル」を構築する情報サイト「IDPR」は、デジタルメディアの進化・発展により急速に変化するコミュニケーション環境下で、多くの企業・団体がより効果的な PR 活動のあり方を見出すためのヒントとなるように、これらの研究活動の成果を広く社会に情報発信してまいります。
No.667[投稿者:rka*****]
日本国内市場の伸びって年4%程度でしょうから、ベースとなる成長率ってそんなものかな。
でも、中国関連の成長は大きそうですね。中国関連といっても、日本企業の中国におけるPRだったり、中国企業の日本におけるPRでしょうが。中国関連に強いと言うところに期待ですね。

(株)プラップジャパンの適時開示情報

日時 内容
平成27年8月期第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
平成27年8月期第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
平成27年8月期第2四半期累計期間(連結・個別)業績予想の修正に関するお知らせ
平成27年8月期第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
支配株主等に関する事項について
剰余金の配当に関するお知らせ
監査役の異動に関するお知らせ 決算発表資料の追加(役員の異動)
期末配当予想の修正(増配)に関するお知らせ
平成26年8月期決算短信〔日本基準〕(連結)
平成26年8月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
平成26年8月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
平成26年8月期第2四半期累計期間(連結・個別)業績予想値と実績値の差異に関するお知らせ
主要株主の異動及び主要株主である筆頭株主の異動に関するお知らせ