銘柄選びガイド

株ブログマニアの仕手ブタ君がイチ推しの株ブログオススメ投資顧問など、色々なお役立ち情報をブログ形式でお伝えしていきますよ~。

new_releases 仕手株ブタレポート

navigate_next 大材料銘柄(ビーマップ・トーセ)を材料直前に買い推奨してるサイトが凄すぎる→どちらも株価3倍超え!!

カテゴリー: 株エヴァンジェリストについて   注目投資顧問   注目株ブログ  

こんにちは!銘柄選びガイドです。

いよいよ8月相場へ突入していますね!6月、7月は一貫して底固い地合いが続きましたし8月相場も期待したいものですね。

ただし、やはり夏相場は「夏枯れ相場」の懸念もありますし、為替相場も円高に振れていますので前月よりはやや注意深く情報収集した方がいいかもしれませんね。


さて、情報収集しておくべき注目サイトを一つピックアップしておきます。夏相場に向けて仕込む銘柄を探している方はコチラをみておくことをオススメします。

株エヴァンジェリスト 大材料銘柄(ビーマップ・トーセ)を材料直前に買い推奨してるサイトが凄すぎる→どちらも株価3倍超え!!


Ads by Cueinc.



コチラのサイト、やはり相当凄いです。

以前から株エヴァンジェリストについては、「テーマ株特化サイト」としてピックアップしたことがありましたが、どうやらテーマ株だけじゃないようですね。

直近で大材料株「ビーマップ」「トーセ」をドンピシャなタイミングで推奨していたことが話題です。

ビーマップとトーセといえば、最近爆発的に株価を上げてた銘柄なので注目していた人も多いのではないでしょうか?


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[4316]ビーマップ
推奨日/買値2017年06月29日/522円
利確日/売値2017年07月11日/2184円

騰落率:+318.39%UP【株価4.18倍】



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ビーマップは短期間で株価4.18倍です。

上げ幅ももの凄いんですが、驚くべきは推奨タイミング。

ビーマップは2017/07/03にJR東日本などとM2M2S事業を手掛ける新会社を設立すると発表し一気に株価を上げましたが、株エヴァンジェリストがビーマップを推奨したのが06/29

まさに動意づく直前に買い推奨しています。

動意づいてからは2週間と経たずに株価4倍超え。これは推奨通りにビーマップを保有できていた方はスゴイ利益が出ているかもしれませんね。

続いて、トーセの推移が以下の通り。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[4728]トーセ
推奨日/買値2017年06月05日/929円
利確日/売値2017年07月04日/2800円

騰落率:+201.40%UP【株価3.01倍】



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トーセに関しても推奨タイミングは動意づく直前ですね。

トーセはスクウェア・エニックスのスマホアプリ「ドラゴンクエストライバルズ」の開発を担当していたことが判明し株価が急騰した銘柄ですが、動意づいたのが06/08で株エヴァンジェリストがトーセを買い推奨したのが06/05

まさに材料直前のタイミングで買い推奨しています。動意づいてからは1ヶ月程度で株価3.01倍の大急騰

ハッキリ言って相当凄いです。

「推奨銘柄の株価が上がった」ということももちろん凄いのですが、注目すべきは大材料銘柄を材料直前に推奨している点でしょう。

また、材料株をピンポイントで読み当てているケースは他にもあります。

過去には「オービス(株価3.42倍)」「北の達人(株価1.98倍)」なども材料前に推奨していたことも。

この材料株を推奨するタイミングの良さはなんなのでしょう。推奨銘柄の推移をみていると本当に「早耳顧問なのでは?」と思えてしまいます。


株エヴァンジェリストでは現在、「業績寄与度の高いテーマ性をもった有望株」を無料でプレゼントしているので8月相場に向けてチェックしておくと面白いかもしれません。


株エヴァンジェリストが推す「業績寄与度の高いテーマ性をもった有望株」をみる≫

※こちらのプレゼントテーマ株、無料といえど侮れません。実際に配信から7営業日で株価1.5倍になった銘柄(カジノ関連株)もありました。無料なのでチェック推奨。


ランキングアップにご協力下さい。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へにほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
 

 

 

当サイトの情報は投資を推奨しているものでは御座いません。尚、当サイトでは投資に関する一切の「助言」を行いません。投資の最終決定はご自身の判断にてなさって頂きます様お願い致します。投資方法、助言に関するお問い合わせにはお答えできかねます。※当サイトでは特定の投資顧問会社を取り上げる場合がありますが、PR広告として取り上げることもございます。