銘柄選びガイド

株ブログマニアの仕手ブタ君がイチ推しの株ブログオススメ投資顧問など、色々なお役立ち情報をブログ形式でお伝えしていきますよ~。

new_releases 仕手株ブタレポート

navigate_next 「マザーズ銘柄一つは保有してください、マザーズきますよ」→マザーズ銘柄メタップスで2.6倍!!

カテゴリー: 株プロフェット   注目投資顧問  

こんにちは、銘柄選びガイドです!

2017年の株式市場が始まっていますね!2017年の株式市場は大発会から日経平均株価+400円近い大幅高となり、投資家の皆様の2017年に掛ける意気込みのようなものが伝わってきたような気がします!

2017年1月20日には、米国でトランプ氏が正式に大統領に就任しますし、昨年末に話題になった「トランプノミクスも今年からが本番」という見方も?!

昨年末は本当に「アベノミクスの初動の時」のように感じましたし、あのような堅調な展開が2017年も続くとすれば2017年は個人投資家にとって「数十年に一度のチャンス相場」になる可能性すら秘めていると思います。


問題はチャンス相場に「なにを仕込めばいいのか?」という点ではないでしょうか。

今、2017年に仕込む銘柄を探している方は、情報収集の一環としてこちらをチェックしておくことをオススメします。

株プロフェットというサイトが、面白いことを言っていたんです。



株プロフェット
「マザーズ銘柄一つは保有してください、マザーズきますよ」



Ads by Cueinc.


「マザーズ銘柄一つは保有してください、マザーズきますよ」

これは気になりますね。

特に株プロフェットが言うなら無視できません。

株プロフェットは2016年にも数々のマーケット展望を読み当ててきたサイトです。特に2016年6月のブリグジットショックの時は最初から一貫して「この暴落は買い」と唱え続けており、直後の大回復相場を見事に的中させていました。

その後の8月、9月にも「今は買い向かうべき場面」と言い放ち、しっかりと会員に「北川精機」という急騰銘柄を掴ませていました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━
北川精機(6327)
296円→749円(+153.04%)

8月13日~9月12日



(推奨~高値で計算)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

凄いですね、およそ1ヶ月で株価2.5倍まさに有言実行の推移です。


そしてその後に「マザーズきますよ」と提唱。言ってるそばから、マザーズの短期急騰銘柄をドンズバで当てていました。

人工知能(AI)関連フィンテック関連と次世代テクノロジー分野の材料を多く内包しているメタップスという銘柄です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪東証マザーズ≫
メタップス(6172)
1,595円→4,225円(+164.89%)



10月6日~12月26日

(推奨~高値で計算)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これも素晴らしいですね。数ヶ月間かかっているとはいえ、株価2.6倍の推移はスゴイ。チャートを見ればわかりますが、動意づく前のタイミングでしっかり推奨しています。

ここまでのマーケット展望、そして個別銘柄の推移をみると「マザーズきますよ」という言葉も重みを増してくるというもの。

しかもマザーズの新興銘柄はもし実際に人気化すれば短期スタンスでも十分値動き妙味もアリ。非常に面白いと思います。


ただし、当然ですがマザーズならなんでもいいわけではありません。株プロフェットが条件として挙げているのは、



■業績がよい
■テーマ性がある
■材料性がある
■テクニカルがよい(日足・週足・月足)


こうなると一気に難易度が上がりますが、ならば株プロフェットに聞いてしまうのが話が早いです。株プロフェットでは、いま無料で「まずコレを試してください」と銘柄をズバリ教えてくれるんです。




とにかくまずはコノ銘柄をお試しください。
今後1~2週間で騰がると目される「銘柄コード:※※※※」!!
今だけ無料でお教えします!!




株プロフェットは前述の通り、非常にマーケット展望も鋭いですし、直近でマザーズの急騰銘柄を当てている経緯もあります。

このタイミングで新興銘柄で急騰銘柄を狙いたい人は無料情報を貰っておくのは面白いと思います。特に2017年はチャンスの年になるかもしれませんしね。


株プロフェットの無料情報をみる≫




ランキングアップにご協力下さい。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へにほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
 

 

当サイトの情報は投資を推奨しているものでは御座いません。尚、当サイトでは投資に関する一切の「助言」を行いません。投資の最終決定はご自身の判断にてなさって頂きます様お願い致します。投資方法、助言に関するお問い合わせにはお答えできかねます。※当サイトでは特定の投資顧問会社を取り上げる場合がありますが、PR広告として取り上げることもございます。