銘柄選びガイド

株ブログマニアの仕手ブタ君がイチ推しの株ブログオススメ投資顧問など、色々なお役立ち情報をブログ形式でお伝えしていきますよ~。

new_releases 仕手株ブタレポート

navigate_next ≪テーマを制する者が株を制す?!≫ノーベル賞・フィンテック・人口知能関連をズバリ先読み!!

カテゴリー: 注目投資顧問  

こんにちは、銘柄選びガイドです。

いよいよ10月相場に突入しようとしていますが、皆様トレードの調子はいかがでしょう。

9月相場を振り返ってみても、やはり2016年は≪テーマ株相場≫という印象が強いですね。

例えば、8月下旬にフィンテックフォーラムが開かれたことによりフィンテック関連銘柄が再燃しましたし、また東京ゲームショウの開催に先駆けてVR関連銘柄アプリ関連銘柄が株価を伸ばしました。

さらに直近では10月のビッグイベント、ノーベル賞の受賞発表に先駆けてバイオ関連銘柄を中心としたノーベル賞関連銘柄が大きく動意づきました。

フィンテック関連、VR関連、バイオ関連、ノーベル賞関連9月に急騰した多くの銘柄はテーマ株であったと言えると思います。

2016年の株式市場はテーマ株相場。テーマを制するものが株式市場を制す!と言っても過言ではないかもしれませんね。旬なテーマをしっかり先読みできれば、かなり面白いですね!


そこで、テーマの先読みで活用したいのがトリプルエー投資顧問です。

直近でもノーベル賞関連銘柄をズバリ先読みしており話題になりました。




ここは今、見逃せないサイトとして話題です。

直近の推移で目立つのはやはりノーベル賞関連銘柄として注目されたコスモバイオを先読みして買い推奨していた件でしょう!

まずはこちらの推移をご覧ください。

────────────────────────
【3386】コスモバイオ
1,095円→1,710円(+56.17%)

7月19日~9月23日



────────────────────────

毎年ノーベル賞の受賞発表が意識されだす9月の展開を先読みし買い推奨していたということでしょう。見事な推移です。

他にも目立つ推移としては8月中旬~9月上旬にかけて爆発的な急騰劇をみせたアプリ関連銘柄のモバイルファクトリードンピシャの押し目で推奨していたんです!

モバイルファクトリーの推移は以下の通りです。


────────────────────────
【3912】モバイルファクトリー
3,530円→8,110円(+129.75%)

2016年8月15日~2016年9月6日



────────────────────────

こちらは凄いですね!1ヶ月と経たずにおよそ2.2倍に株価が上昇しています。しかも、チャートをみるとわかりやすいのですが≪まさに押し目≫というタイミングで推奨しているんです。

しかもこちらはなんと≪無料の配信情報≫だったということです。なんとも羨ましい話ですね。その他にも無料の配信銘柄で驚きの推移を出している実例もアリ!下記は全て無料の配信銘柄の推移です。


────────────
フィンテック関連銘柄
【7172】JIA 株価1.8倍

バイオ関連銘柄
【4594】グリーンペプタイド 株価4.7倍

フィンテック関連銘柄
【2315】SJI 株価2.1倍

IoT・人口知能関連銘柄
【3690】ロックオン 株価2.0倍

人口知能関連銘柄
【3655】ブレインパッド 株価1.6倍

────────────

フィンテック関連銘柄やIoT・人口知能関連など次世代テクノロジー分野の新興銘柄を得意としているのでしょうか?!いずれにしても注目されたテーマ株をタイミングよく推奨しているケースが目立ちますね。


これまでの推移をみてもテーマ株の先読みに関しては、かなりの先見性を持つサイトだと思います。これから始まる10月相場を上手く乗り切るためにも、テーマの先読みは必須といっていいでしょう!ならばここはチェックオススメ!


ちなみに、ここは今、無料の配信銘柄≪最新版≫を公開しています!

◆展望良好な大化け狙い!→※※※※
◆材料性豊富!テーマ株!→※※※※
◆上値余地アリの本命ドンズバ銘柄!→※※※※


直近でモバイルファクトリーのような急騰推移をズバリ読み当てていますし、今回のも期待できるか?!無料でみれちゃうのでチェックしておきましょう!

無料情報をもらうならコチラ≫≫




ランキングアップにご協力下さい。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へにほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
 

 

当サイトの情報は投資を推奨しているものでは御座いません。尚、当サイトでは投資に関する一切の「助言」を行いません。投資の最終決定はご自身の判断にてなさって頂きます様お願い致します。投資方法、助言に関するお問い合わせにはお答えできかねます。※当サイトでは特定の投資顧問会社を取り上げる場合がありますが、PR広告として取り上げることもございます。