銘柄選びガイド

株ブログマニアの仕手ブタ君がイチ推しの株ブログオススメ投資顧問など、色々なお役立ち情報をブログ形式でお伝えしていきますよ~。

new_releases 仕手株ブタレポート

navigate_next ≪※※※※が半月で株価3.5倍に!!≫まだまだ材料残る9月相場、狙う銘柄を探している方へ

カテゴリー: 注目投資顧問  

こんにちは、銘柄選びガイドです。

9月相場、なかなか地合いが良いですね!まだ9月は臨時国会の召集や金融政策決定会合など、注目の経済イベントが残っていますので、これからの相場にも期待できそうかも?!

例年の「9月は軟調」というアノマリーを打ち破りつつある今年の9月、チャンス相場になりつつあるので、気合いの入っている方も多いと思います。


こんな時こそ情報が重要です!

無料でプロアナリストが注目する銘柄を見れるサイトがありますので、コチラをチェックしておくことをオススメします!


こちらのサイトは注目ですよ!

8月、大きく株価を上げた銘柄ジー・スリーHDに注目していた方はおりますか?実はこのサイトはジースリーHDをズバリ材料初日に買い推奨していたんです。

さっそくですが、ジー・スリーHDの推移は以下の通りです(推奨~高値)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ジー・スリーHD【3647】

推奨日:7月28日 始値59円
高値日:8月16日 高値206円(+249%)

およそ株価3.5倍!!



(推奨時株価~高値)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

もともと低位で放置されていた銘柄だけに、動意づいたあとは物凄い上げ幅ですね!

株トレード投資顧問はジー・スリーHDを28日に推奨しており、07/28(木)から急激に動意づいています。

つまり推奨当日から動意づいているということ。

それにしても1ヶ月と経たずに株価3.5倍はスゴイですね。

また、直近でズバリ上昇推移を読み当てているのはジースリーHD以外にも多数あります。

━━━━━━━━━━━━
●【3852】サイバーコム
 推奨日:9月8日
【推奨後上昇率:18%上昇!】

━━━━━━━━━━━━
●【6658】シライ電子工業
 推奨日:8月22日
【推奨後上昇率:91%上昇!】

━━━━━━━━━━━━
●【6198】キャリア
 推奨日:8月19日
【推奨後上昇率:35%上昇!】

━━━━━━━━━━━━
●【3195】ジェネレーションパス
 推奨日:8月15日
【推奨後上昇率:32%上昇!】

━━━━━━━━━━━━
●【6327】北川精機
 推奨日:8月10日
【推奨後上昇率:150%上昇!】

━━━━━━━━━━━━
●【5989】エイチワン
 推奨日:8月4日
【推奨後上昇率:67%上昇!】

━━━━━━━━━━━━
●【5603】虹技
 推奨日:8月1日
【推奨後上昇率:46%上昇!】

━━━━━━━━━━━━
●【6767】ミツミ電機
 推奨日:8月1日
【推奨後上昇率:27%上昇!】

━━━━━━━━━━━━
●【2354】安川情報システム
 推奨日:7月29日
【推奨後上昇率:167%上昇!】

━━━━━━━━━━━━
●【6758】ソニー
 推奨日:6月24日
【推奨後上昇率:24%上昇!】

━━━━━━━━━━━━

ここまで続くと、もはや「まぐれ」ではなさそうですね。7月末~9月アタマという短期間ですが、これだけの上昇推移を当てているのは評価に値すると思います。

嬉しいことに、こちらは今≪無料情報を即配信してくれるサービス≫を行っています!まだチャンスが残る9月相場で狙いたい銘柄を探している人は試してみても面白いと思います。


現在公開中の無料銘柄はコチラ
=========================
◆【****】※※※※※ホールディングス 東証2部
=========================

※※※※※と※※※※※※※※※が11年4月経営統合。防災や雨水向け※※※※※※製品が主力。
同社は様々な方式に準拠した※※※※※・※※※※を展開しており、※※を※※に※※して※※をなくす「※※※※」いわゆる「※※※※」の機運が高まっていることが株価を後押しする展開を期待…


伏せ字はコチラからすべて無料で確認できます≫



ランキングアップにご協力下さい。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へにほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
 

 

当サイトの情報は投資を推奨しているものでは御座いません。尚、当サイトでは投資に関する一切の「助言」を行いません。投資の最終決定はご自身の判断にてなさって頂きます様お願い致します。投資方法、助言に関するお問い合わせにはお答えできかねます。※当サイトでは特定の投資顧問会社を取り上げる場合がありますが、PR広告として取り上げることもございます。