銘柄選びガイド

株ブログマニアの仕手ブタ君がイチ推しの株ブログオススメ投資顧問など、色々なお役立ち情報をブログ形式でお伝えしていきますよ~。

new_releases 仕手株ブタレポート

navigate_next 【無料銘柄GET急げ】あのパニック相場から「一貫してこの暴落は買い」と主張したプロがすでにS高連発!

カテゴリー: 注目投資顧問  

こんにちは、銘柄選びガイドです。

いよいよ2016年も下半期のスタートですね!
2016年上半期は乱高下が激しく、為替市場に振り回された相場という印象ですが、うまく立ち回ることができたでしょうか。相場に翻弄されたという投資家も多いかもしれません。

特に6月のイギリスEU離脱問題は大きく市場が揺れました。

06/24(金)、イギリスのEU離脱を問う国民投票で≪離脱派の勝利≫が伝わり、為替相場は大混乱。

この時多くの投資家がパニックになり、売りが売りを呼ぶ状況に。損切りを余儀なくされた人も多いと思います。

結果的に06/24(金)は日経平均株価は-1200円以上も下落し、およそ16年ぶりの下げ幅を記録。まさにパニック相場の様相となったのですが、その中で一貫して「この暴落は買いだ」と提唱していた投資顧問サイトがあるのをご存じでしょうか?!

株プロフェット



Ads by Cueinc.



株プロフェットはまだオープン間もないですが、相場界で知る人ぞ知る人気アナリスト相場の福の神こと藤本 誠之(ふじもとのぶゆき)氏のオリジナルコラムが読めることで注目を集めるサイト。また、オープン早々に無料情報が複数ストップ高となるなど早くも実力を見せつけています。

つい先日も株プロフェットの無料情報Aimingが推奨当日にストップ高となった件やタツモや構造計画所が急騰した件はお伝えしましたよね。


そして今回、株プロフェットはイギリスのEU離脱で大きく相場が揺れるなか「一貫してこの暴落は買いだ」と唱え、パニック相場となった24日の翌営業日(06/27)に提供した無料情報が翌日ストップ高に!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3664】モブキャスト

612円→700円(+14.38%)
6月27日~6月28日

推奨翌日にストップ高張り付き!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これは素晴らしい推奨タイミングだったと思います。
残念ながらモブキャストは連騰はしなかったですが、株プロフェットの言うとおり6月最終週は反発相場になりましたし、現時点ではまさに「あの暴落は買い」だったわけです。

凄いのはモブキャストだけではありません。

05/30に無料情報として推奨していたソフトブレーン06/28、06/29に連続ストップ高。06/13に無料情報として推奨していたマルコライザップとの業務提携による業績の期待感から急騰!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ソフトブレーン(4779)
203円~464円(+128.57%)

5月30日~06月30日


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
マルコ(9980)
159円→232円(+45.9%)

6月13日~6月29日


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


こちらも凄いですね、ソフトブレーンは動意づく前に推奨しており株価2倍を超える急騰に。マルコも動意づく前の推奨で株価1.4倍。無料情報でこの結果なら大満足ですね。


パニック相場ですかさず「この暴落は買い」と主張し、見事に無料情報で大きな成果を上げている点はユーザーからすれば非常に頼もしいですね。


しかもここは嬉しいことに、無料のメルマガ登録だけしておけばすぐに「無料情報」を配信してくれますよ!


=======================================

とにかくまずはコノ銘柄をお試しください。
今後1~2週間で騰がると目される「銘柄コード:※※※※」!!
今だけ無料でお教えします!!


=======================================

しかも、かなり自信マンマンの様子。すでに実績アリなので期待しちゃいますね。無料ですのでチェックオススメです。


株プロフェットの無料銘柄をチェックするならコチラ≫


ランキングアップにご協力下さい。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へにほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
 

 

当サイトの情報は投資を推奨しているものでは御座いません。尚、当サイトでは投資に関する一切の「助言」を行いません。投資の最終決定はご自身の判断にてなさって頂きます様お願い致します。投資方法、助言に関するお問い合わせにはお答えできかねます。※当サイトでは特定の投資顧問会社を取り上げる場合がありますが、PR広告として取り上げることもございます。