銘柄選びガイド

株ブログマニアの仕手ブタ君がイチ推しの株ブログオススメ投資顧問など、色々なお役立ち情報をブログ形式でお伝えしていきますよ~。

new_releases 仕手株ブタレポート

navigate_next ≪短期スタンスの人必見!!≫→この無料サービスがヤバい!!「少し騰がったら売る」を繰返すだけで…?!

カテゴリー: 注目投資顧問  

今回も面白い情報をご紹介させて頂きます!

これ、もしかしたら"かなり使える可能性"もありますよ。特に短期スタンスの方は"必見"でお願いします!

こちらの投資顧問は覚えていらっしゃいますでしょうか?


イーキャピタル

Ads by Cueinc.


こちらは当サイトで以前にもご紹介した老舗投資顧問。

こちらのサイトが無料で行っているコンテンツの一つ「無料テレフォンサービス」が凄いんです!

イーキャピタルの無料テレフォンサービスとは

イーキャピタルが行っている無料サービスの一つ。テレフォンサービスと聞くと、電話相談のように思えますが、こちらはそうではなく「電話orパソコンなどで推奨銘柄などの情報が詰まった音声ファイルを聞く」というもの。

こちら、電話で聞くと当然ながら「電話料金」はかかってしまいますので、パソコンかスマホを使用しサイト上で聞くのがオススメです!サイト上で、聞く分には電話代もかかりませんからお得です。


で、これが本当に「コレ無料で良いの?」と思ってしまうほどの成績を残しているんです!

下記はイーキャピタルの無料テレフォンサービスの実績の一部を抜粋したもの。


3902MDV       (+7.54%)7/1~7/4
4712アドアーズ  (+5.51%)7/1~7/4
2464BBT     (+14.33%)6/30~7/1
3444菊池製作所  (+3.74%)6/30~7/1
2352エイジア      (+10.43%)6/29~7/1
3844コムチュア    (+10.09%)6/29~7/4
3697SHIFT          (+8.66%)6/28~6/29
6298ワイエイシイ  (+33.52%)6/28~7/4
4593ヘリオス     (+13.81%)6/27~7/4
6656インスペック  (+119.72%)6/27~7/4
4588オンコリスB  (+42.31%)6/24~6/30
6264マルマエ    (+22.49%)6/24~7/4
3758アエリア     (+24.07%)6/23~7/4
4112保土谷化学 (+4.30%)6/23~6/28
4763CアンドR社  (+31.59%)6/22~7/4
6195ホープ         (+4.88%)6/22~6/23
3734インテアHD  (+20.07%)6/21~7/4
4281DAC           (+21.65%)6/21~7/4
2307クロスキャッ  (+12.61%)6/20~6/22
7717ブイ・テクノ    (+23.51%)6/20~6/28
3680ホットリンク   (+4.30%)6/17~6/20
6944アイレックス  (+44.44%)6/17~6/29
2321ソフトフロン  (+154.07%)6/16~6/28

壮観な推移がズラリ!!

ここに抜粋したものだけでもけっこうな量ですが、実際にはまだまだたくさんあるんです。上記は6月中旬以降のものを抜粋していますが、これだけでもかなりの量がありますし、見てみるとかなり短期で騰がっているものが多いんです!

例えば、有機EL関連銘柄として物色されたワイエイシイは推奨してから一週間と経たずに+30%を超える上昇に。インスペックはもっとすごい、こちらは一週間と経たずに株価2倍超え。本当に「これが無料で良いの?!」と思うほどの推移になってるんです。


かなりたくさんの銘柄を無料で教えてくれるサービスですし、実績をみる限り「短期スタンスで少し騰がったら売る」を繰り返すだけでもかなり面白いと思います。


音声ファイルですので、聞き取ってメモするのが少し面倒といえば面倒ですが、面倒を補って余りある実績。

いずれにしても無料ですので、これはチェックする価値アリ!オススメです。


イーキャピタルで無料テレフォンサービスをチェックするならコチラ≫≫


ランキングアップにご協力下さい。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へにほんブログ村 株ブログ 仕手株へ

当サイトの情報は投資を推奨しているものでは御座いません。尚、当サイトでは投資に関する一切の「助言」を行いません。投資の最終決定はご自身の判断にてなさって頂きます様お願い致します。投資方法、助言に関するお問い合わせにはお答えできかねます。※当サイトでは特定の投資顧問会社を取り上げる場合がありますが、PR広告として取り上げることもございます。