物価検索結果

物価の関連記事

日付 記事

油断禁物

記事を少し読む

来週は短期的な過熱感から調整が見込まれるものの底堅い展開となりそうだ。株式市場には楽観ムードが広がっ ているが2万4000円を突破するのは難しいように思う。相場の雰囲気が変わったとはいえ日米通商協議と日 米首脳会談の動向には注意したいところ。24日(月)【国内】振替休...

→全部見る

日米通商協議(2回目)

記事を少し読む

来週は短期的な過熱感から調整含みの展開となりそうだ。日経平均株価は私の予想に反し2万2000円を割れ るどころか2万3000円台を回復。完全に真逆の動きになりました。でも、このまま上値を追うとは思えない んだよねぇ。週末の日米通商協議を意識して手控えムードになるのでは...

→全部見る

下げ基調継続

記事を少し読む

来週は日米貿易摩擦を意識した展開となりそうだ。トランプ米大統領が次の貿易戦争の対象国に日本を示唆した ことで値ごろ感からの買いは入っても腰の入った買いは入らないだろう。日経平均株価の2万2000円割れを 視野に入れたポジションで臨みたい。10日(月)【国内】4-6月期GDP...

→全部見る

【アメリカさん】ジャクソンホールのパウエル議長講演通過で…上へ!

記事を少し読む

ダウ 25790.3 +133.37 +0.52%NASDAQ 7945.98 +67.52 +0. 86%S&P500 2874.69 +17.71 +0.62%パウエルショックなんて なかったんやー!寄りから噴き上げたよー。ダウは陽線で切り返しました。来週は戻りの高値更新を目指しそう NASDAQも上へ史上最高値更新だよー上げが加速してる…強いS&P500も史上最高値 更新!上げが加速してるように見えますショートカバーを巻き込んで、噴き上げそうに見えるんだけどなぁ昨日 は、ジャクソンホール

→全部見る

中小型株に期待

記事を少し読む

来週は外部環境に不透明感を残しつつも底堅い展開となりそうだ。大型株は上値が重いと思うが、今週同様中小 型株に資金が入る可能性あり。マザーズ指数が早い段階で1000ポイントを回復して勢いを増す展開に期待し たい。27日(月)【国内】-【海外】独8月Ifo景況感指数(17:00)...

→全部見る

チョイ上げ

記事を少し読む

来週は戻りを試す展開となりそうだ。手掛かり材料に乏しいことから23日に予定されている米中の追加関税に 注目が集まると思うが、ある程度耐性がついてきたので以前ほど反応しないと思う。イベント通過後のアク抜け 感から買われる展開に期待したい。20日(月)【国内】-【海外...

→全部見る

お盆休み

記事を少し読む

来週は手掛かり材料に乏しく方向感を欠いた展開となりそうだ。先行き不透明すぎて積極的に上値を買う動きに はならないと思う。この時期は閑散相場になりやすいので、要人の発言で大きく振れるかもしれない。13日( 月)【国内】-【海外】-14日(火)【国内】-【海外】中国7月鉱...

→全部見る

日米新通商協議

記事を少し読む

来週は個別物色の展開となりそうだ。この時期になると市場参加者が減ってくるので指数はあまり動かないはず 。決算銘柄以外は盛り上がらず閑散とした相場になるだろう。ただし日本時間10日にワシントンで開催される 予定の日米新通商協議には要注意だ。6日(月)【国内】-【海外...

→全部見る

資産運用は早く始めたほうが良い

記事を少し読む

先日、日銀が2018年度、2019年度の物価見通しを引き下げを発表しました。 2018年度は1.3 %から1.0%程度に、19年度は1.8%から1%台半ばに引き下げるそうで、このニュースのコメント欄に はデフレが続くことを歓迎する内容も見受けられました。 電気料金は再生エネルギー...

→全部見る

【7/31】日銀の発表…そういう意味だったのかー!

記事を少し読む

日経平均:22553.72(+8.88)1つ前の日銀会合の記事に「長期金利の変動幅を広げる柔軟化はあ りませんでした」というようなことを書いたけど、あれ、まちがいでした!ごめんなさい。さっきの記事は忘れ て!柔軟化はやるみたい。日銀発表の「強力な金融緩和継続のための枠組み強化」を読むと、「長期金利:10 年物国債金利がゼロ%程度で推移するよう、長期国債の買入れを行う。」と書いてあったものだから、現状維持 だと思ったんだけど

→全部見る

日銀政策決定会合!

記事を少し読む

7/30~31と開かれていた日銀政策決定会合の結果が出ました。強力な金融緩和継続のための枠組み強化! …という、よくわからないものに(笑)具体的な内容は、日銀のpdfを見ていただきたいんですけど、まぁ、 簡単に言うと、現状維持なんだけど、微調整って感じです。(1)イールドカーブコントロールは現状維持一部 で言われていた、長期金利の目標を現状の0.0%から引き上げる(もしくは幅を広げて柔軟化する)政策変更 はありませんでした

→全部見る

決算シーズン

記事を少し読む

来週は決算銘柄を中心に物色される展開となりそうだ。今週は「貿易摩擦」という単語があまり出てこなかった から比較的底堅く推移したが、やはり懸念材料であることに違いない。人民元安も気になるし、不透明要因と企 業決算との綱引きになるだろう。23日(月)【国内】- 【海外...

→全部見る