源太検索結果

源太の関連記事

日付 記事

自分流

記事を少し読む

マザーズの連騰から急調整という流れだったのですが、NY市場のせいか、籠池氏の流れ¥か指数が動きにくく なりました。しかし、根本的なことから運用したい流れはあるんで、不利と言われた数多く出てきたIPOに資 金が向かっていきます。まあ、先の市場が判らないからそういうの触らなきゃ仕方がないんですよね。だから、 意外に強くしぶとくロックアップなどの障害があっても平気で買いに来ます。ただ、下がってはいますが、そー せいやエボラブルでも堅く市場はなって来ていまして、そうした流れが市場を明るくはしています。トランプも

→全部見る

強くて良いんですよね?

記事を少し読む

この動き方で良いんですよね?いや、本当に上がって良いんですかね?為替を云々言うお方や米国の議会との軋 轢を言う方の意見から行けば上がるとは思えないですよね。ですが、時間外のNYも高いし、日本なんか最初か らトヨタが高いのです。高いというかプラス圏で始まるというのが非常に不思議です。為替が昨日よりも円高で プラスからンボスタートは明らかに違和感。つまり、やっぱりこの市場は需給相場であり、根本的にはこの市場 はその延長線上で行われているという感じで、先週末から大方の個別が下値を付けて、今週は指数という部分が

→全部見る

人の受け止め方

記事を少し読む

<p> 昨日の証人喚問で私なんかは「ああ、判らない部分になったな」「都合のいいことは言わ ないんだな」という感覚でしたが、ある人は「ああ、これで安倍さんは逃げられないな」「退陣だ」とか話され ていました。しかし、取り様というのは人それぞれ。いや、直接会った会わないは証明のしようがないし、受け 取ったも「受け取っていない」という証明難しいでしょうが「渡した」という証明も難しいです。そして、「何 らかの力が働いたと思う」というくだりは、「私感」という風に自分は取ったんですよね。しかし、昨日話した 人は「いや、渡したの

→全部見る

証人喚問

記事を少し読む

<p> このことが特別市場に影響はないとは思っても、何を言い出すのかという部分もあるから 落ち着かなかった市場も進むに従ってだんだん市場は落ち着いてきました。ただ、思うに、身の保身考えながら 答えていくから辻褄が合わなく、野党の質問も意図がずれてしまい非常に難しいです。まあ、追求がうまく進行 したということでしょう。自分が思うにはこの相場は途中から気にはしていましたが、落ち着いた感じになり、 為替が安定した時間に反発がなかった分その余力が残っているような気がします。チャート的に分析的に見みた ら、為替が107~8

→全部見る

梯子外された個人

記事を少し読む

<p> 為替の水準が大きく変わろうとしているのですが、もう一週間厄介かも。期末の資金移動 もあるし、トランプさんが大統領になって一番中心となった規制の撤廃が議会との中でうまく運ばない見通しか ら、期待が剥げてくる気がするんです。そして、皆疲れて来たのもいえます。 こうした多くの動きは非常に相 場上では厄介でして。NYは調整も必要と言えますが、日本は特に個別は大きく下がっていたから、ここからの 調整は復活不可能を考えさせます。多くのツイッターでは高値で推奨してこの場面で現金化が当たり前というし 、そういうのを当てに

→全部見る

お昼はすみませんでした。

記事を少し読む

ちょっと、ラジオに行ってたんですが帰ってから書こうと思ったら全く動きがない間に忘れてしまいました。申 し訳ないです。ただ、こういう地合いは明日の証人喚問やNY株が急反発は考えにくいから構える形取るので、 閑散で下がっても買いが入らないんです。上がれば逃げたい下がって買いたくないじゃそりゃだめですよね。つ まり、みなは疲れてきたんでして、今晩ちゃんと上がらないと明日は緊張が切れてしまって投げ合いなんてこと になるかしれないのです。そして、トランプ大統領の案が通過しにくいといわれていますから、規制緩和が非常

→全部見る

飽き

記事を少し読む

<p> NYの久しぶりの下落は先の源太塾ではあらかじめ考えられたこと。可能性としてね。つ まり、上がると見ていた人たちの書き物を熟読して欠点と需給のタイミング合わせたら可能性があると見てた訳 。こういうのもまぐれであり、たまたまという感覚。その「たまたま」を可能性高めることに力入れて来たので すが、「たまたま」は良く見たら判る部分でもあります。 つまり、可能性というのは一定の「仮説」があるの でして、その前提が崩れる可能性や確率を計る事から始まります。今回のこの調整は「飽き」から来ている部分 が強く、出す出すと言

→全部見る

堅いだけじゃぁ・・・。

記事を少し読む

入社した頃に堅い株を買おうとしたら長老の外務員さんが「堅いだけじゃ嫁にはいけない」という、今で言うな らセクハラに近い話をよく言っていました。いや、それは株式でこういう風な荒れた形になってきおたら「堅い 」株式が必ずしも儲からないし、そういう株式よりも少々傷があっても魅力的な方がいいという意味。つまり。 、傷があるから売られたんですが、そういう流れになってきたらリバウンドとるならば下がる過程は堅い銘柄に 行くとしても戻りは下がっていないと取れないからそういう物に向かっていくんですよね。ですから、明日あた

→全部見る

V字とは行かないでしょ。

記事を少し読む

<p> 今日の寄り前後で底打ちの感じがうまく行きます。ですが、ここから急騰とか全値戻りは 私には判らないです。ですが、いかなきゃならないタイミングだというのと、我慢の限界というのはあります。 ですが、じゃ、誰が上を買うのと考えた時に、その資金はまだ動かないし、動き始めても下がっている軽量人気 者へ帰ってくるとは限りません。つまり、ここで早くも上に向かうものはそれなりに材料や売られ過ぎなどの買 い要因が存在しているのでして、そうした見方は買いであっても伸びゆくかどうかは相場次第ってことになりま す。だから、この場面

→全部見る

それでもの買い

記事を少し読む

<p> 為替がおかしいというのは先日の源太塾の話。机上では動かない姿勢からこの場面はシカ ゴ投機筋の偏りから来る手仕舞いがあるとの解説をしたんですよね。それは米国の債券も同じ。そうした多くの 手仕舞いの時期にある状況に日本は3月決算という非常に需給が難しい状態にあります。こうした時に必ず現れ る叩き屋。 先週は色々な個別が上がり過ぎもありましたが叩きに叩かれ、個人投資家も大きく売っていました 。ですが、一番きついのは持っていない人や売っている人の口撃がネット上で起こる事。そうなったらタイミン グ的にそこが入る局面

→全部見る

3月17日 下値切り上げ銘柄一覧

記事を少し読む

3月17日 下値切り上げ銘柄一覧 この他の情報を見てみる

→全部見る

厄介な性格

記事を少し読む

<p> 今日の下落の余韻が週明け有るかとも思いますが、基本的には過去から塾やDVDで話し た想定通りの弱い今日であり、月の20日、三連休前の週末、彼岸となれば買いは入らないのは仕方がなかった と思うんです。ただ、今年は指数は非常に強く推移していたから回転が効いていましたし、小型株は先週まで何 連騰というあげ方でしたからややおかしかったと言えます。だから、その煽りから投げざるを得ない内容のある 株式や遊び過ぎて買いついた物を最後まで売らされた格好。良い株式は下がった時に「そんな馬鹿な」と思って 買いを入れて来る物で

→全部見る

【株】1,000万、2,000万と儲かる人と損する人

記事を少し読む

こんにちは! テレビ番組のしくじり先生が好きなおじさんですが、こないだ3月13日は元マラソンランナー の瀬古利彦さんや、「マネーの虎」に出演し“カリスマ社長”と呼ばれたラーメン店「なんでんかんでん」の川 原ひろしさんや、2000年につんく♂プロデュースのユニット“EE JUMP”でデビューしたソニンさん などが出演されていましたね。 ほんといつも人生いろいろとあるものだなと思いながら見させてもらっていま すが、すごい成功したり有名になったような人でも、そのまま上手いこといけなかったりするから不思議なもの ですね。

→全部見る

証人喚問が気になってそーせい売らないから。

記事を少し読む

「証人喚問が気になる」「東芝がおかしい」などと、いろいろと言われますが、基本的にはそういう内容で、そ ーせいやエルテスが売られないですし、そういうのは全体を売るんだからもっと違うもの売られますよね。ムー ドとして気になるというのは判るのですが、月の20日、彼岸、三連休、週末。これは前から話していた一番売 りが多い時間帯で、尚且つ、先行きが分からないから叩きっぽく行けばどんどん下がる個別って流れです。仕方 が無いじゃないですかね。売る方は売らなきゃならないのだし、昨日の買いなんてのも投げて資金作っての買い

→全部見る

思うように動かない

記事を少し読む

<p> 昨日の動きで不可解なのはFEDの解釈と為替の動き。今朝NYの動き見ても原油とか少 しおかしいから、実際の経済である設備投資や物価上昇率が良くなっていても別の需給があると見なきゃなりま せん。それは意外に米国投資家や日本の急ピッチの上げに対して警戒を言ってた人がものすごく強気に変わりっ つある事。そのマインドならば上のはずですし、すんなりと位置が変わってもおかしくはないと思います。 多 分この動き方には需給面で逆作用、つまり、何かがおかしくなっているのでして、一般的な見方ならばヘッジフ ァンドなどの運用者が

→全部見る

3月16日 下値切り上げ銘柄一覧

記事を少し読む

3月16日 下値切り上げ銘柄一覧 この他の情報を見てみる

→全部見る

早く寝ましょう。

記事を少し読む

<p> 基本的には今晩見ないと判らないのです。それは為替の動きが緩慢ですし、株式も指数上 は堅いようでも個別は下がって上がったが、勢いが半減しています。ですから、この中からもう一丁という流れ になると、実力や実弾が入るものになります。そうなったらこの地合、金融関係は決算前ですし、業績は為替次 第ですし、不透明要因が高くて下がらないとしても上がって来たんだから買い要因がないのです。そうした流れ を考えた場合に、基礎的なものはないと先が読みにくく、運用者や大口投資家だって人の子なのです。三連休前 で買い切るには何かが

→全部見る

日銀だってやるんだよう!

記事を少し読む

<p> なんかFEDの話ばかりで黒田さんが霞んでしまっている今日このごろ。その動きからな にかが変わるほどのこともないだろうということですかね。まあ、トランプさんの勢いから見たら「現状維持」 という見方が強いでしょう。ですが、それを為替で触られたら厄介になるのでして、欧米が引き締め型になって きた時に普通に現状維持を脱出的に取られても困ります。いや、というのは、イエレンさんの話って非常にハト 的に言われていますが、自分はタカ的に感じるのでして、そうした考え方は自分の解釈が間違っているのかもし れないですが、とにか

→全部見る

安いから買う。

記事を少し読む

「なにが起こったんです!」なんて感じで質問が来ますが、今週の下落は月の20日という基本的な考え方に3 月の特殊性を加味したら分かると思うんです。つまり、こういった地合いは普通に需給相場でして安いから買う のであり、高いなら売らなきゃならないですよんで。その安いという部分を時間的に計りながら、特徴の出る時 間に揃えるという非常にシンプルな投資が成立します。売りにくいものは分からないようにじわじわ売るんです が、最終局面は成り行きで売ることから、平均よりも上で売ったとか時価よりも大分売れだったという風にカウ

→全部見る

耐えにくい前場

記事を少し読む

<p> 今日は今晩の事もあるし、一昨日の下落もあるからダレたら非常に買いにくくなるんです 。過去の経験則から彼岸底というように、月の20日商いが基本です。従って、17日が応当日でして、ポイン トの日にもなっています。ですから、非常にナーバスな感じは処分の最終局面は非常に大きく下がるということ も経験ではあるからです。後2日で損金拡大、追証、となって、買うべきタイミングが投げなきゃならないなっ て事が起こるから今日の流れが買い難いのです。だから、今日の前場は見極めて行かなきゃならないから買いが 入りにくく、一昨日の

→全部見る

源太関連銘柄

コード 銘柄名
2151

(株)タケエイ

1514

住石ホールディングス(株)

1379

ホクト(株)

1377

(株)サカタのタネ

1333

マルハニチロ(株)

1301

(株)極洋

1380

(株)秋川牧園

1381

(株)アクシーズ

1436

(株)フィット

1430

ファーストコーポレーション(株)

1420

サンヨーホームズ(株)

1419

タマホーム(株)

1417

(株)ミライト・ホールディングス

1383

ベルグアース(株)

1401

(株)エムビーエス

1663

K&Oエナジーグループ(株)

1987

(株)ソルコム

1981

(株)協和日成

1976

明星工業(株)

1975

(株)朝日工業社

1992

神田通信機(株)

1997

暁飯島工業(株)

2004

昭和産業(株)

2003

日東富士製粉(株)

2002

(株)日清製粉グループ本社

2001

日本製粉(株)

1973

NECネッツエスアイ(株)

1969

高砂熱学工業(株)

1944

(株)きんでん

1941

(株)中電工

1935

(株)TTK

1921

(株)巴コーポレーション

1948

(株)弘電社

1949

住友電設(株)

1965

(株)テクノ菱和

1964

中外炉工業(株)

1961

三機工業(株)

1956

NDS(株)

2008

(株)増田製粉所

2114

フジ日本精糖(株)

2112

塩水港精糖(株)

2109

三井製糖(株)

2108

日本甜菜製糖(株)

2117

日新製糖(株)

2121

(株)ミクシィ

2146

UTグループ(株)

2139

(株)中広

2130

(株)メンバーズ

2124

JAC Recruitment

2060

フィード・ワン(株)

2055

日和産業(株)

2053

中部飼料(株)

1914

日本基礎技術(株)

1905

(株)テノックス

1758

太洋基礎工業(株)

1743

コーアツ工業(株)

1737

三井金属エンジニアリング(株)

1736

(株)オーテック

1762

(株)高松コンストラクショングループ

1766

東建コーポレーション(株)

1776

三井住建道路(株)

1775

富士古河E&C(株)

1770

藤田エンジニアリング(株)

1768

(株)ソネック

1730

麻生フオームクリート(株)

1726

(株)ビーアールホールディングス

1721

コムシスホールディングス(株)

1717

明豊ファシリティワークス(株)

1780

(株)ヤマウラ

1782

常磐開発(株)

1867

(株)植木組

1866

北野建設(株)

1865

青木あすなろ建設(株)

1848

(株)富士ピー・エス

1868

三井ホーム(株)

1871

(株)ピーエス三菱

1904

大成温調(株)

1897

金下建設(株)

1884

日本道路(株)

1882

東亜道路工業(株)

1847

(株)イチケン

1846

鈴縫工業(株)

1807

(株)佐藤渡辺

1799

第一建設工業(株)

1788

(株)三東工業社

1787

(株)ナカボーテック

1808

(株)長谷工コーポレーション

1820

西松建設(株)

1841

サンユー建設(株)

1833

(株)奥村組

1828

田辺工業(株)

2107

東洋精糖(株)

1723

日本電技(株)

1814

大末建設(株)

1954

日本工営(株)

1937

西部電気工業(株)

1435

(株)インベスターズクラウド

1433

ベステラ(株)

1933

(株)SYSKEN

1352

(株)ホウスイ