机上検索結果

机上の関連記事

日付 記事

月曜日!

記事を少し読む

おはようございまーす!月曜日の朝ですよー。ドル円がああああああああー!!ズドーン!!!8:45現在、 ドル円が110.50、日経CFDが19040まで落ちているよー。ひえええええー!!先週の金曜のラスト にオバマケアの代替案が撤回されたのを受けて、ドル円が111.30くらいまで戻していたから期待したのに …戻しは騙しだった!って形に……トホホ……(というか、ただのショートカバーだったっぽい…)ドル円は2 番底の110.60を下にブレイクしてし

→全部見る

堅いだけじゃぁ・・・。

記事を少し読む

入社した頃に堅い株を買おうとしたら長老の外務員さんが「堅いだけじゃ嫁にはいけない」という、今で言うな らセクハラに近い話をよく言っていました。いや、それは株式でこういう風な荒れた形になってきおたら「堅い 」株式が必ずしも儲からないし、そういう株式よりも少々傷があっても魅力的な方がいいという意味。つまり。 、傷があるから売られたんですが、そういう流れになってきたらリバウンドとるならば下がる過程は堅い銘柄に 行くとしても戻りは下がっていないと取れないからそういう物に向かっていくんですよね。ですから、明日あた

→全部見る

それでもの買い

記事を少し読む

<p> 為替がおかしいというのは先日の源太塾の話。机上では動かない姿勢からこの場面はシカ ゴ投機筋の偏りから来る手仕舞いがあるとの解説をしたんですよね。それは米国の債券も同じ。そうした多くの 手仕舞いの時期にある状況に日本は3月決算という非常に需給が難しい状態にあります。こうした時に必ず現れ る叩き屋。 先週は色々な個別が上がり過ぎもありましたが叩きに叩かれ、個人投資家も大きく売っていました 。ですが、一番きついのは持っていない人や売っている人の口撃がネット上で起こる事。そうなったらタイミン グ的にそこが入る局面

→全部見る

思うように動かない

記事を少し読む

<p> 昨日の動きで不可解なのはFEDの解釈と為替の動き。今朝NYの動き見ても原油とか少 しおかしいから、実際の経済である設備投資や物価上昇率が良くなっていても別の需給があると見なきゃなりま せん。それは意外に米国投資家や日本の急ピッチの上げに対して警戒を言ってた人がものすごく強気に変わりっ つある事。そのマインドならば上のはずですし、すんなりと位置が変わってもおかしくはないと思います。 多 分この動き方には需給面で逆作用、つまり、何かがおかしくなっているのでして、一般的な見方ならばヘッジフ ァンドなどの運用者が

→全部見る

すぐ売りたくなる

記事を少し読む

机上で考えたらこれは買うことが出来ないと思えるんですが、売るにはトランプさんの減税や規制解除ががある から難しいということになります。ですから、非常に難しい市場になり、基本的にはこの場面はうごいくことが 難しいのです。だから、少し弱くなると先物など売りから入ってしまいます。ですから、下がらないような形に なるんですが、こういう流れは非常にややこしく、つい軽量の動きの良い物へと行ってしまいます。ですがこの 場面は悪い癖つけてしまうので、中期的視野で見て結果的に上がるという風な感じが良いと思うんですよ。個別

→全部見る