厄介検索結果

厄介の関連記事

日付 記事

個別の強さ

記事を少し読む

<p> アンジェスにトレイダーズという株式の強さだけでなく、各所で色々な株式が上がってき ました。ですから、基本的には非常に強い展開が有ったのでして、こういう動きは相当個人の資金が市場にはあ ると思われます。たしかに個人は4週も大きく売り越していまして、バカンスで居ないはずの外資や夏休みから 休みを考える日本人運用者とは違って、「休みこそ株をやりたい」なんて感じになっているんです。ですから、 根本的な動き方は非常に厄介で複雑ですが、動き始めたら止まらないような「気」がしてしまうのでしょう。売 ったら上がるが続いて

→全部見る

強いのは分かるけどね。

記事を少し読む

<p> 昨日、ラジオで話したように市場が強いのは判ります。ですが、大事な事はこの市場の持 続性だったり、中味の重要性。昨日一部の材料株が朝から上がるのは良いのですが、雨後の筍の様に一気に来る から面喰います。というのは、前日まで売りたい強気の板だったのに、その売りが出そろうまでに買われてしま い、二弾上げに位置するからここから買うのは難しいの無視して上がって行くんですよ。 ですから、この市場 は非常に組し難く、上がるんですがポジションをちゃんと守らないと、一転することだってあります。だから、 予想としたらこれで第

→全部見る

雑な丁寧さ。

記事を少し読む

<p> ここは思考は丁寧ですが買い方は大雑把の方が良いかもしれないですね。というのは皆が 丁寧にやりすぎて萎縮し始めていますから買うことによって萎縮している人が動き出すかどうか何ですよ。です から、地味な銘柄を大胆に買うことから「?」的な感じを持つことから悪くない銘柄は動意してくることがあり ます。なんとなく今日見ているとそういう動きに触発されているのかという感じ。だから、買い戻した先物なん かを明日は買いが入りやすいから売りたくなるんですが、個別株の余裕ある買いを見ていると、銘柄変えながら 数日遊べるような感じ

→全部見る

気迷い

記事を少し読む

<p> 非常にナーバスに見える市場も根本的には需給のリズムに添った動き。投資カレンダー的 な流れで行けば非常に渡りやすく、一定の注文が月の20日に向かってあって、そこからは新しいリズムになっ てしまい、火曜日のポイントの日は用事が済んだ指数に対して、恐怖を覚えた個人投資家が後場から個別株乱高 下という非常に厄介なマインドに陥ったと思うんです。 だから、私もですが大魚逃すように揺さぶられてしま ったんですが、仕込んでいた音声認識や低位株が上がって帳尻は上手く合わせられました。ここで無茶しないで 冷静に貯めこむ姿勢で

→全部見る

売りたい強気

記事を少し読む

<p> 暇だったと思うかどうかですが、本当に紙一重という状況で、もう一丁上がれば楽になる のですが、そのもう一丁が来ない。抜けたバイオも上がる時間は派手でもそこ過ぎたら非常に慎重な動き。全体 的には強く激しい流れに見えても総体的には「あんた先に買いなよ」てな感じになっています。こういう時って 上がれば非常に強くなるが、シコると厄介なんです。というのは、「材料が有る」「割安だ!」というのは、自 分が思う目標値から遠く、特にここ最近は目標値を高く設定しているケースが多いのです。だから、これがジリ ジリ下がってきた時は

→全部見る

どっしりとは・・・。

記事を少し読む

<p> NYが何となく不安で一回少し下がったらはっきりして行くか行かないか決められるの ですが、基本的に今の地合いでは身動きできない状況。通常ならば一週間後から動きが出るんですが、休み明け の2日がポイントの日の連続で厄介になる気がします。NYのSQが鍵になるんじゃないかと。 トランプさん の議会との軋轢が表に出て来て、日本でも安倍さんが逃げ切れるかどうかの状況になっている今、確かに企業業 績が良いと言っても簡単に買える状況ではないと思っています。それは最終的に上がるとしても需給からの動き だけであり、個人はデ

→全部見る

週末かと思った

記事を少し読む

市場の雰囲気が投げに買い戻し、そして、最後にポジション調整の売り。派手なものは非常に厄介で疲れてしま いました。一方、はじめから普通に売られたものはじわじわ戻り、板が出来ていないから逃げられれはしないの ですが、基本的には値段が割合上がってきています。しかし、その上げ方が遅いから非常に疲れ、今日は週末か と思うような動き方でした。問題は明日でして、明日小物が上手く行ってくれたら良いのですが、週末だから皆 が構えて来てしまう流れもありまして、そうしたバタバタの後に買いの動きが出なかったらやばいでしょうね。

→全部見る

不味い

記事を少し読む

<p> 昨日、不味いと思ったのは微妙な物は売りが出てる程度で、普通のタイプで少し人気化し 始めていた物が失速。気持ち悪いというかなんか収まりが悪かったんですよ。だから、薄いタイプだ急落なんて のがありましたし、急騰銘柄の大幅安なんてのは多かったんです。これを「兆し」と見るか、一時的なガス抜き と見るかで今後の考え方はずいぶんと違って来ると思うんです。 基本的にはFOMC待ちであったことには変 わりがないのですが、こうした流れになって来てしまうと、日経平均やNYではない「我がの命」の方が大事に なって来るのでして、

→全部見る

負けたんだから仕方がない。

記事を少し読む

<p> 期待して上がっていたものを売りそびれて、下がったから買おうとしてしまう人が非常に 多かった日。同系の質問が二メートルぐらいありました。中身有るものはちゃんと反発しますが、そうでないも のは明日が週末だから、買いが入らないんですよ。入っても値ぼれだから明日の後場が嫌な雰囲気。一方、上手 く行っているものは回転が効いて非常にいいし、意外に休んでいた株式が戻り始めているのが判ります。ですか ら、根本的にはこの市場は非常に厄介になっているのでして100%需給だけの相場。だから、人の話とか聞い て売り買いしていると

→全部見る

マイナスでよかったのに。

記事を少し読む

<p> 僅かにプラスになるんならばマイナスでいいと思うんですよね。でも、もっとひどいと思 った方も多いから良かったと言えばよかったんです。ただ、先日の下落が非常にきつかったから、上値買うこと に対して非常にナーバスだった気がします。だから買うならば鉄火場狙いだからリミックスやアカツキのような タイプになり、地味に上がる銘柄は下げはしなかったが提灯が入ったら止まるという風な「誰かがやらなきゃ上 がらない」というふうな流れが見えているんですよね。従って、根本的には非常に厄介な市場になっていまして 、力のある人が勝つよ

→全部見る

2017年6月6日 大引け

記事を少し読む

日経平均株価  19979.90  -190.92(-0.95%)ジャスダック指数  142.13  -0.80(-0.56%)マザーズ指数  1107.88  -14.76(-1.31%)今日はNY 株安と円高を嫌気して3営業日ぶりに2万円を割り込みました。為替の動向に注意しつつ安いところを拾ってい きたいところだが、週末にメジ...

→全部見る

儲かったよ。

記事を少し読む

「良い相場じゃん、儲かったよ」なんて言葉がよく今日は聞けました。古いタイプや運用者的な銘柄、安定した 指数、個別株の動き方など良かったとは思います。ですが、終わった時に「なんで上がったの?」っていう感じ がいまいち無くて、そうした感じはこの市場においては非常に厄介な流れを産もうとしています。つまり、「勢 いで買う」という一番シンプルな儲け方であり、一番引っかかりやすいもの。個別の材料は知っていますよ。で も、そういうのは当たり前でして、そこを知っているから「関連」として扱うのでして、少し前のリミックスや

→全部見る

上がるとしてもだなぁ・・・・。

記事を少し読む

<p> 日経平均に関しては強いがそれに似たような普通の物が弱い。ですから、市場は指数だけ が興味ある存在で、市場は非常に厄介な状況になったのかもしれません。というのは、本日露呈した週末の投げ は指数は上だとしても手持ち株を信用していない流れですし、一歩引いて考えたら指数だけでどうにかって感じ になるんですよね。だから、「指数が高い」のであって、日本株が強いのじゃないってことになります。ですか ら、疑心暗鬼の指数に疑心暗鬼の個別株価は売らなきゃならない人が多い方が崩れてしまうのでして、そういう 流れならば普通の仕手

→全部見る

ニューエコノミー市場

記事を少し読む

<p> 本当に厄介な市場は「ニューエコノミー」相場だけに、市場の指数と個別の体感が違いま す。皆がそう言いだすと派手な物が止まるんですが、この相場を新しい力とだけとらえるのではなく、時代の変 化、社会の変化としてとらえたら全く次元が違うのが判ります。 もちろん、こうしてバブルは出来、それがず っと抜けない株価ってのもあります。だから、昔のITバブルに近いこの市場は「テンバーガー」と言われる大 化け株が毎週どこかで生まれる転移合いになります。それは良い事なのかどうかですが、基本的には資金が余っ ているからそうなるん

→全部見る

下手は下手なりに…。

記事を少し読む

先週から結果的に儲かって来た市場は、今日のように腕や度胸のいる市場で躊躇。その後追って買いに行くんで すが、損じゃないが微妙な位置の買い。つまり、判断呂p区が非常に鈍く、月曜ボケみたいになってしまってい ます。ですから、非常に厄介な市場はゴテゴテに回ってしまいます。こういう時は早めに撤退してその撤退した ものが上がり、維持になって茶物は売り場逃して下がるという「ド下手」モードになります。だから、自分は貯 める方にシフトしていくんですが、こうした流れは指数見ても細工が見えちゃうし、政治的にはメルケルさんと

→全部見る

難儀な時に・・・・。

記事を少し読む

<p> NYが云々よりも、何故上がって、何故下がっているのかが明確じゃないんですよね。つ まり、問題は無いとは言いながらも下がった4月の需給に対しての買戻しだったと理解したらそれで良いのです が、そうとも言い切れない企業収益の充実ぶりや買い方の物凄い量の先物買い。こりゃ彼らがなにか意図持って やっているんでしょうが読めなくなっています。 元々指摘していた様に上がって来ても過熱感はなく、個別銘 柄は非常にサクい雰囲気がりました。決算で下がる銘柄がいつになく多く、先取りというのじゃなく「未達」や 「事故」、まともに「

→全部見る

今週はお疲れでした。

記事を少し読む

<p> 今週は相場以上に疲れることがあったんですが、まあ、相場の話しましょう。この市場は 本当に悪くは無いのであり、基本的には強気でも見ても構わないのでしょう。ですが、一つ一つは非常に脆弱で あり、何かガラスの相場にも見えます。先生方の解説は本当に力強く、下がるようには思えないし、奇をてらっ て弱気を言う御仁も一定は認めても説得力は無いです。必ず逃げ道作って話しますから。ですから、この場面は 非常に厄介で、ラジオなどの解説で今週は堅かったなんて言われたら頭に来たりします。つまり、今回ほど決算 がナーバスなものは無

→全部見る

油断できませんなぁ。

記事を少し読む

<p> しかし、安心できないというか焦点が難しいというか。北朝鮮の動きは厄介ですね。ただ 、結局このままで行けば4月の乱高下は3日新補だったって感じになります。国内金融機関の需給「珍事」を利 用した、欧州系のヘッジファンドンの叩きというのが正解だったんでしょう。そこにNYが休みたかったり、想 定よりも増配が期待されて先物から現物に切り替えていた物を元に戻していた事とかが大きく揺れた需給要因だ ったようです。そこを利用したのか偶然か籠池問題から始まり、北朝鮮にフランス総選挙まで絡めた政治的な大 きな流れが重なったと

→全部見る