他人検索結果

他人の関連記事

日付 記事

立ち位置

記事を少し読む

<p> 昨日、北浜先生のラジオに出て思ったのは、立ち位置の違いで見方が違うということ。確 かに我々の様に怯えるタイプはこの市場の上げや堅さが異常に感じていますが、いざ個別で売るという立場を考 えたら売る銘柄が確かに少ないのです。いや、過熱した端株を売るならありますが、それが225となったら意 外に無いんですよね。私は北浜先生とはかれこれ20年ぐらいお付き合いさせて頂いていますが、本当に「適当 」に感じながらも「筋」がきっちりしているので買う理由をしゃべられる時は適当でも銘柄選別は本当に的確だ ともいます。一般の方

→全部見る

【7/18】見なきゃ損だよね!

記事を少し読む

こんばんやー!かぶみです。毎日、プライムビデオを見まくり生活だよー。無料のお試し期間中に見えるだけ見 ちゃおうという貧乏くさい考えで(笑)どうせならってことで、プライムビデオでしか見れないAmazonの オリジナルコンテンツを中心に見ています。これが意外と多いんだよね~。しかも、結構おもしろいんだよ!び っくりした!「スニーキー・ピート」ってドラマが特におもしろかった!詐欺師が他人になりすまして、ある家 族の中に

→全部見る

卑怯

記事を少し読む

<p> 小型株乱舞でも少し違った雰囲気はデジアドなどが来てしまうほどの低位。ここ最近上が ってきた銘柄は躊躇が有るし、伸び悩むものもある感じ。でも、壊れるような売り方ではないのが強さだともい えます。ですが、自分が今日感じたのは指数や一般株の安かった奴で、そうした銘柄の強さは「明日は判らない のだけれども」非常に強かった印象。NCSなんていきなりだからこっちがびっくりしてしまう動き。そうした 強さはたしかに材料とは言いながらも過剰気味ととれます。だから、数量出来るもので引っ張っていかないと「 努力賞」ではその努力

→全部見る

亡くなられたのですか。

記事を少し読む

若いのに非常に残念で周囲の方はお力落としだと思います。頑張ってらしたんですが、ご愁傷様です。株式だっ て期待したものが思わぬ形で残念なことになることがあり、どこかで考え直すような事が必要になります。タカ タなんてのもそういうもので、判らなくなったら手を出さないようにします。それがシャープのように生き返り が見れたら良いのですが、見えない間は我々では不確定なものがあるので手は出さない物んです。「なんだ、元 気じゃない」と思ってたらいきなりということは多いのです。強いものだってそうでして、今は強いというのと

→全部見る

連続のポイントの日

記事を少し読む

株式は安く売るのは簡単ですが、高く売るのは難しいです。そうした時にイニシアチブ握っている人の売り抜け は他人では本当に判りにくく、気がついたらって感じです。一般的に外人の売りというのは大きく叩き込んだり 、下げさせたりという感覚ですが、実は非常に緻密に体制整えたりします。今日の20270円の先物ですが、 これが前場だけの執行だったり、ここから上はとかという注文だったらとか、売買する人間は考えちゃうんです よね。そして、明日また上になったりと。要するに、買い戻し必須の時の短いレンジって何かをされていること

→全部見る

で、結局、でやねん!

記事を少し読む

上がれば日銀が利上げに言及を気にしていたというし、下がってきたら言及するかもしれないとか。結局、そん な論議はなかったとは言いませんが、そこまで気にして皆やってたかどうかなんです。最もきついのは個人投資 家がなにを信用して買っているか分かりませんが、動かない時には買わないですし、上がったらとp日乗り。ま た、買ってもすぐに売って上がったらすぐに高い買い直したりします。だから、本人はもともと聞いた話が有る から危険と思わなくても、他人から見たら「こんな位置?」って気がするんですよ。だから、下がり始めたら階

→全部見る

6月相場

記事を少し読む

<p> 6月といえば昔から市場の雰囲気が変わり、今までの物色とは違う流れが出てきます。そ れはヘッジファンドの後半戦のスタートで、いわゆる「衣替え」なんて良く言います。しかし、それは絶対に変 わるものでもないし、売りから来ることだって有るのでして、そういう方々は過熱した他人が買ったものは避け ることが多いのです。ですから、余程の勝算や時代の変化がなきゃここから軽量を買うことはなく、軽量を買う という事はとことん指数が難しく、時代変化から「これから必要」なニューエコノミーという相場になっていき ます。個別は個人だっ

→全部見る

テンバーガー

記事を少し読む

<p> 手掛かり難、方向性がないでNYはあの高さ。閑散でこの強さ。NYも相当管理された相 場だという気がします。そうした時に日本株は基本「何時下がるんだろう」でして、北の脅威や材料株の材料の 真偽をとう市場になっています。めんどくさいんですよね、こういう市場は。というのは、事実は強くても気持 ちが乗らないから、「信じる」事が出来ないし、また、信じている人は他人が信用しない事に腹を立てて、叫び 声を出してしまいます。 自分はこういう時は本当に足元が良かったり、先の日本や世界で必要な物が好きです し、間違って売った物

→全部見る